レッスンの限界

今までレッスンをしてきてもう卒業というようになった人は一度もありません。

プロゴルファーでもアマチュアでも。

まだまだ伝えることは山ほどあるけど終了という感じです。

一般の方達なら当然仕方ないことだと思います。

卒業はそれぞれレッスンを受ける方が決めるものですから。

最近思うことは、自分自身からレッスンを受けに来てくれている人に「あなたは卒業です」といえる日が来るかなということです。

そういう日が今現時点では来るとは思えませんが、その日が来たときが自分のレッスンの限界だと思います。」

 

 

 

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ    ◉

101130 | Comments(0) | Trackback(0)


プライベートゴルフ

ゴルフコンペに行ってきました。

メンバーは良くできた嫁とオシャレでおちぇめな古山さんという方です。

コンペといっても私は一応プロですのでオープン参加でした。

嫁は空気が読めずダブルぺリアにどっぷりはまってキャディーバックをゲットしていました。

古山さんはスタッフですので9ホールで仕事に帰ってしまいましたが私との勝負に敗れ氷結糖質0%を6缶くれました。

後半の9ホールは嫁と二人きりでプレーをして夫婦愛を再確認できました。

めでたし、めでたし・・・ (笑)ha,ha,ha

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ    ◉

101126 | Comments(0) | Trackback(0)


前傾角度:Spine angle

アドレス時の背骨の傾きのことを言う。

背骨の傾きだが後頭部から腰までが一直線のラインになっていることが望ましい。

ちょうど直立した上体と同じであると良い。

各クラブの前傾角度はシャフトと上記のラインが90°であるようにする。

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ    ◉

101126 | Comments(0) | Trackback(0)


トップ:Top

一般的にはボールを打つ場合ではフェースではなくリーディングエッジで打つことを言い、ボールは低く飛んでいく。

スイングではバックスイングの最高地点のことを言う。

下半身主導のスイングではなく腕、上体主導のスイングだとトップをする可能性が高くなる。

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ    ◉

101126 | Comments(0) | Trackback(0)