ショートパットを入れる確率を上げる方法 Part 2 -動画レッスン-

今日は「ショートパットを入れる確率を上げる方法 Part 2」というゴルフレッスンを動画にてご紹介したいと思います。

下の写真をクリックしてください。レッスンが始まります。

その他の無料ゴルフレッスン動画は私のJIGA-Dホームページをクリックでご覧いただけます。   → 「今井純太郎ホームページでのゴルフレッスン動画集

TIPs

肩の上下運動でパッティングをするということは、絶対的に肩のラインが目標方向と平行になっていなくてはいけません。肩のラインがオープンやクローズになってしまっていては外れてしまいますし、仮にカップインしたとしてもそれは手首や腕を使ったパッティングとなってしまいます。



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ    ◉

120727 | Comments(0) | Trackback(0)


ショートパットを入れる確率を上げる方法 Part 1 -動画レッスン-

今日は「ショートパットを入れる確率を上げる方法 Part 1」というゴルフレッスンを動画にてご紹介したいと思います。

下の写真をクリックしてください。レッスンが始まります。

その他の無料ゴルフレッスン動画は私のJIGA-Dホームページをクリックでご覧いただけます。   → 「今井純太郎ホームページでのゴルフレッスン動画集

TIPs

パッティングでは手首や腕は使わないようにすることが大事です。手首や腕は器用に動きますので方向性や距離感も安定しにくくなります。ショットでは腰を使い、パットでは肩を使うことをお勧めします。



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ    ◉

120722 | Comments(0) | Trackback(0)


良いフィニッシュとは

私がゴルフレッスンで良いフィニッシュとはどういうものか?という時に主に3つのポイントをあげます。

1.バランスが保たれている。フィニッシュをとった後にふらつかないこと。

2.左足に全て体重が乗り直立状態となる。逆Cの字や前かがみにならないこと。

3.振り切る。右肩が目標方向を向くイメージでクラブが首に巻きつくようにする。

上記の3点ができていれば良いフィニッシュであると考えます。

良いフィニッシュが毎回できるようになれば当然スイングも安定し結果良いショットに繋がってきます。

良いフィニッシュを毎回とれるよう心がけて練習する様にして下さい。

 

 

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ    ◉

120719 | Comments(0) | Trackback(0)


左腕とシャフトの関係

正面から見てアドレス時とインパクト時に左腕とシャフトは一直線になっていることが良いと私は考えています。

これはパターや特殊なショットをするとき以外どのクラブでも、ドライバーでもアプローチでも同じです。

もちろんそれには理由があります。

私の考えはこちらです。→ 「左腕とシャフトの関係

 

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ    ◉

120718 | Comments(0) | Trackback(0)