スクウェアにアドレスするために

アドレスの時にスクウェア(目標に対して平行)にアドレスすることはとても大切です。

しかしゴルフスイングはバックスイングに対してダウンスイング、フォロースイングの力が強いためどうしても骨盤が左方向にズレてしまいます。

もちろん反対スイングをすることや整体などで骨盤を正しい位置にすることが良いですがなかなか普通では難しいです。

ということで、練習をする時のルーティンとしてアドレス時ショットをする前に右腰を少し後ろに引きそして右腰を少し下に下げるようにすることをお勧めします。

そうすることによりアドレスでスクウェアにまたスイング軸も一直線になり理想的に右側に傾けるようになります。

一度鏡を前にしてやって頂くと良いと思います。

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ    ◉

160430 | Comments(0) | Trackback(0)


TOP