JiGA+D
home about about lesson movies publications news photos links links

GOLF LESSON

>> our projects

これらの経緯とその想い

まずはからだにやさしいゴルフを。そしてもちろんゴルフを楽しみ、そのうえでゴルフ技術の向上を促すような、そうしたテキストをきちんとしたかたちでゴルファーの皆さんにお届けできないものかと、いつの頃からかそう想うことがわりと頻繁にあったように想う。


more...

そこでふと思いたったのだ。自分達でつくってみようと。
ありがたいことにいくつかのゴルフ雑誌の連載をさせていただいているので、自分の抱えている情報を整理し再構築する手段のいくらかは把握している。そこでそれらの経験を最大限に生かし、様々なひととの出会いを通してこれまでに培ってきた経験や知識、そしてゴルフにむけた想いを、そのすべてを反映させるようなテキストをつくることは可能なのではと、そう考えたのだ。
ただここからだった。ここからが大変(まだ過去形ではなく目下制作進行中)。
ある程度情報はあつめてあったのだけど、その情報群を僕達以外の人たちに伝えるかたちにまで昇華させることはなかなかに容易なことではなかった(各メディア関係者の皆様、いつもありがとうございます。情報をかたちにすることがこのように困難なこととはつい存じず・・・。今後とも宜しくお願い致します)。
また今回の制作にあたり世情を調査したのだが、とても驚いたのだけど、世の中にはとても多くのゴルフ情報が飛び交っており、そして少なくないいくつかの情報はとても高額(数万円!)なものだった。
さらには内容に関して云えば、短期間での、たとえば一週間でスコアが驚異的に向上するといったようなコピーが多くでまわっている。たしかにある種の条件下、ある特定の状況においてはありえないこともない。しかしそれだけの話だ。そこから先はない。ゴルフスウィングにおいて一朝一夕に技術を向上させる手段 は存在しない。
スウィングには人間工学上「理想のスウィング」が存在する。ヴァイオリンみたいなもので、男女差はいくらかあるのだけど基本的に年齢体格とわず一定の 「型」としてある。僕は誤解を恐れず断言してもかまわない。ゴルフと怪我、故障なく長く付き合い、そして楽しみ、さらには技術を向上させる手段はたったひとつしかない。それは「理想のスウィング」のもつ流れにからだをトレースさせること。あせらず丁寧に辛抱強くこつこつと。これしか無いのだ。
ともあれそういったことも踏まえ、いくらかの経緯を経て、かたちなきものからかたちあるものを、正しい情報を正しい形でゴルファーの皆さんにお伝えする機会を、今回僕たちはつくりあげました。これまでの経験、知識そして想いを丁寧にきちんと整え配置して。

一度是非ご覧になることを、自信をもっておすすめします。

 

とは言うのもの・・・

やはりというか何というべきか、ともかく我らがジガディの制作行程はとてもゆったり?としたものであって未だテキストをお披露目するに至っていない。
その間、これまたやはりと言うべきか、さすがはプロフェッショナルという仕事ぶりと熱き情熱をまとうEVENさんにより純太郎のDVD「今井純太郎 J's Style シンプルスイング理論」 が制作され販売に至った。
このDVDにはEVENさんと純太郎のゴルフにたいする想いがたくさん詰まっている。もちろん想いだけではなく、多くのゴルファーにとって有益な情報が満載だ。少なくないゴルファーにとってまさに目から鱗のごときもの落ちてみることを得るだ。
過ったスイングはゴルフの上達を妨げることのみに留まらず体を壊しかねないものだ。是非このDVDをご覧いただきたい。からだにやさしく、そしてゴルフの上達を促すスイングはこのなかにある。

written by 佐伯力 / Di-arc

designed by
Di-aRC ©JiGA+D

ショートカットレッスン

いずれにせよ

ともかくゴルフの上達において近道はないということだけは確かなことだ。というわけで基本的にショートカットはないのだけれど、ささやかなれどもみなさんのお役に立ちたいというわけで、スイングに役立つだろう情報をここに提示することとなった。思いつくままに書き出していることもあり、お世辞にも系統立てて整理された情報とはとても云えない。優先順位や重要度もおかまいなくともかく吐き出された情報となっている。全体としては渾然とした情報群ではあるのだけれど、個々の情報は確かなものだ。もしお時間があるのであればちらちらと眺めていただきたい。恐らくお役に立つ情報に辿り着けるだろう。

written by 佐伯力 / Di-arc

>>ShortCUT LESSON




スイング軸とクラブの回転方向の一致

一般的にスイング軸は背骨ですが、イメージでは頭のテッペンから股下までをイメージすると良いです。

そしてスイング軸とシャフトの関係は直角にするとスイング軸の回転方向とシャフトの回転方向が一致します。

回転方向が一致すると回転スピードが上がり=ヘッドスピードが上がり飛距離アップにつながります。

また回転方向の一致はスイングのリピート率も上がり、方向性も良くなります。

アドレスでスイング軸とシャフトの直角関係を作るには直立状態でシャフトを地面に対して平行にし、それを保ったまま股関節より前傾することでできます。

top...


アプローチの距離感をつかむためのクラブ選び-動画レッスン-

アプローチは転がしが基本です。しかし、時にはボールを浮かさなければいけない時や、遠くに飛ばさなければいけない時があります。また、距離を調節する方法としては同じ大きさのスイングでクラブを変える方が簡単です。しかし、その場合ですとそのクラブでの距離感というものがなかなかつかめません。パットを例にとると1メートルも20メートルも同じパターというクラブで打ちます。当然そこには距離感というものが必要になってきます。アプローチの場合転がしていくなら7番アイアン、浮かしたいならウェッジを使います。そこで、ここではその真ん中のクラブ9番アイアンを使い、そのクラブで色々な距離の距離感をつかむことお勧めします。そこから距離感をつかんでいき、感じがつかめたら他のクラブでも同じようにやってみると良いと思います。

動画はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=BciZIVjt4Ks


top...


上達への近道

上達の近道は自分の信頼のおけるコーチに教えてもらうことが一番だと思います。
今までのゴルフのプレーヤーとしてもコーチとしての経験からもそう思います。
自分では自分のスイングや欠点、修正すべき点がわかるようでわからないものです。
結果としてナイスなショットが打てた時のことが良いと思いやってしまったり、また、TVや雑誌で書いていたことが良いと思いやってしまったりします。
しかし、問題はそれがその人にとって今やることが良いことかまたできることかということがあります。
上達するには改善、修正することの順番があります。
上達を望む人は信頼の置けるゴルフコーチを見つけしっかりとレッスンを受け、またある程度の期間レ
ッスンを継続することがやはり一番だと思います。

私の無料ゴルフレッスン動画はこちらのJIGA-Dホームページでご覧いただけます。

 ↓ ↓ ↓ 

今井純太郎ホームページでのゴルフレッスン動画集

是非ご覧いただきゴルフの参考にして頂ければ嬉しく思います。

top...


始めが大事!

クラブを後方に動かそうとする、バックスイングで体重を右側に移そうとする、その動作、意識が体の横づれスウェーとなりシンプルな回転運動の邪魔をする。 上記のことはテイクバック始動時からトップまでの間右腰を後方に引くことにより結果的におこる動作である

top...


練習場でもゴルフシューズ

練習場でもゴルフシューズを履いて練習することをお勧めします。

ゴルフスイングにおいて、足は地面についている重要な部分です。

普通のシューズとゴルフシューズとでは感覚がずいぶん違ってきます。

当然それはゴルフスイングに影響を与えます。

私も練習する時は必ずゴルフシューズを履きます。

もちろんスクール生にも必ずゴルフシューズに履き替えて練習してもらってます。

履き替えるのは面倒くさいですし、シューズもはやくに傷んでしまいますが是非練習の時のシューズの履き替えを習慣づけてください。

必ずそれだけでゴルフの上達に繋がります。

top...


グリップを持つ長さ

ゴルフをする人はみなさん飛ばしたい!と思ってついつい間違ったことを色々としてしまいます。
その一つがグリップを長く持ちすぎるということです。
お友達や練習している人を見てみてください、かなり多くの人がグリップをいっぱいまで長く持っています。
なかには左手からグリップがはみ出してしまっている人もいます。
逆にプロのグリップを見てみてください。
ほとんどいっぱいまでグリップしている人はいません。
グリップを長く持つと飛ぶような気はしますが、逆にミート率が悪くなりミスの確率が上がるだけです。
長く持っても飛距離はほとんどかわりません。
おススメは、左手からグリップの先端まで約1センチぐらいあけてグリップすることです。
みなさん、是非やってみてください、飛距離はほとんど変わらないことは体感できますし、また、ショットの正確性がよくなることもわかって頂けると思います。

top...


スイング中の右足カカトのイメージ

スイング中の右足のカカトはフォロースイングまでしっかりと地面につけたままのイメージをすることをお勧めします。
右足のカカトはフォロースイングで左腰の回転により上がっていく物です。
右足のカカトがはやくに上がってしまいますとスイングの土台が崩れてしまったり、腰がスウェーしてしまったり、前傾角度が伸び上がってしまうというようなことになってしまいます。
結果的にインパクトでのミート率の低下、ヘッドスピードの原則となってしまいショットの安定、飛距離に影響してきます。
また、ゴルフ場では平らなところが少ないのでショットの乱れが多くなってしまいます。
みなさん、気をつけてください!

top...


良いフィニッシュとは

私がゴルフレッスンで良いフィニッシュとはどういうものか?という時に主に3つのポイントをあげます。

1.バランスが保たれている。フィニッシュをとった後にふらつかないこと。

2.左足に全て体重が乗り直立状態となる。逆Cの字や前かがみにならないこと。

3.振り切る。右肩が目標方向を向くイメージでクラブが首に巻きつくようにする。

上記の3点ができていれば良いフィニッシュであると考えます。

良いフィニッシュが毎回できるようになれば当然スイングも安定し結果良いショットに繋がってきます。

良いフィニッシュを毎回とれるよう心がけて練習する様にして下さい。

 

 

top...


腹筋と背筋でアドレスができる

正しくアドレスをすることができれば腹筋と背筋に均等に良い感じの締まりができます。

どちらもない場合は棒立ちの猫背のアドレスになってしまいます。

腹筋だけですとある程度の前傾はできますが背中が丸まってしまいます。

背筋だけですとスイング軸はある程度一直線のワンピースになりますが前傾が少なくなってしまいます。

腹筋と背筋の両方に締まりがあれば前傾もスイング軸のワンピース化も両方ができるようになります。

top...


上げようとしないように

先日ゴルフスクールでアプローチの講義をしました。

多くの生徒さんがフワッとボールが上がるアプローチをしたいという感じでした。

上げるアプローチは基本さえ押さえていればそれほど難しくはありませんが、基本がわからないとやはり失敗してしまいます。

一番の失敗は上げたいと思うばかりにダウンスイングからフォロースイングにかけて体重が右足に移ってしまうということです。

そうすると当然打点(クラブの最下地点)が右に移ってしまいダブリやダブリトップといったミスになってしまいます。

グリーン周りのバンカーショットでも同じことが言えます。

ボールを上げたければまず基本を押さえることが大事ですが、上記のように体重が右足に移らないように、アドレスからフィニッシュまで体重がしっかりと左足にあるようにしてください。

top...


原因を直さないと意味がない

全ての事に原因と結果があります。

原因を直さなければ結果は変わりません。

ナイスショットは結果です。

ミスショットも結果です。

その原因はスイング、インパクトです。

インパクトも結果です。

どのようにダウンスイングで体、クラブなどが動いてきたか結果です。

ダウンスイングの動きも結果です。

どのようにバックスイングや切り返しで体やクラブなどが動いたかの結果です。

バックスイングも結果です。

どのようにアドレスしたかの結果です。

アドレスも結果です。

ゆがみがない姿勢ができているかの結果です。

私はゴルフスイングを教える仕事ですので姿勢を正すような整体師の仕事はできません。

ということで色々とある原因と結果の元のアドレスからレッスンするように心がけています。

top...


今やるべきこと

今やるべきこと、というのはわかっているようで、わからず、できるようで、できないものです。

それが明確にわかっている人ですぐにできる人が、成功者と一般的に呼ばれる人になるんだろうと思います。

逆に言うと、やるべきこともできず、やらなければいけないことができないような人は少し考えたほうがいいと思います。

もちろん休憩は必要です。

なんでもすぐやれ、というわけではないと思います。

趣味の時間も大切です。

ゴルフの練習もただ打ち続けていては疲れてしまいます。

他のどんなことだって同じだと思います。

やるべきことがわからないならわかる人に聞けばいいと思います。

この世の中はそれで成り立っていると思います。

どんなことでもそれを人にアドバイスすることによって生計を立てているその道のプロがいます。

 

ゴルフもきっと同じはずだと僕は思います。

 

後はわかったら信じてやるだけです。

 

スムーズに自分の思い描いたようにことが運ばなくてもそれが当然ですから・・・。

 

top...


ボールに対しての正しいスイング軸の傾き

スイング軸というのは背骨になります。

イメージとしては背中にある頭てっぺんから股下までのラインです。

このスイング軸は正面からと後方からのふたつのラインが交わって初めて正しい傾きができます。

正面からの傾きはクラブが長くなればなるほど右に傾きます。

これはグリップが右手の方が左手より下にあって、ボールポジションが長いほど左に移るからです。

後方からのスイング軸の傾きはこちらの動画をご覧ください → 「ボールに対してのスイング軸の傾き

top...


理想的な本当の体重移動とは

現時点での私の考えるゴルフ理論では理想とする体重移動を行うためには5つのステップがあります。

ステップ1からクリアしていきステップ5までできると私が考える理想とする本当の体重移動というものができることになります。

今回はその最終段階のステップ5を紹介したいと思います。

簡単に言うと理想的な本当の体重移動とは、体重移動を意識的にするのではなく無意識にしてしまうというものです。

それではこちらのレッスン動画をご覧ください → 「理想的な本当の体重移動

top...


バランスが崩れるフィニッシュは手打ち

フィニッシュでバランスが取れない人はまず間違いなく手打ちです。

ゴルフスイングは腰、体が動くことにより腕、クラブを振られるものです。

しかし、フィニッシュでふらふらとしてしまう人はクラブ、腕を振ってしまい腰、体を動かしてしまっています。

その結果、スイング軸が動いてしまったり、回転運動ではなく横運動や上下運動になってしまいフィニッシュでバランスを崩してしまいます。

逆にいえば、フィニッシュをしっかりバランス良くとることができれば手打ちという要素がかなり無くなるとも言えます。

テレビでプロのトーナメントを観るときにフィニッシュを注意して観てもらえれば解ると思います。

ナイスショットのときはバランス良くミスショットのときはバランスが崩れます。

 

 

top...


ジュニアは手打ちをしません

ここでいうジュニアとは小学校高学年以下、またはまだ腕に力のついていない子達です。

そういうジュニア達がゴルフを始めるとゴルフクラブというものは彼らにとって重たいものです。

またそのゴルフクラブをスイング中上げ下げしなくてはいけません。

当然腕の力だけではできなくなります。

しかし彼らも遠くへボールを飛ばしたいという気持ちは大人と一緒です。

遠くへ飛ばすためには当然クラブを上げなくてはいけません。

腕力だけでクラブを上げるのは難しいので必然的に体、腰を使ってクラブをトップポジションまでもって行きます。

ダウンスイングはクラブが重たいので自然に落ちてきます。

しかしクラブが落ちるだけではボールが飛ばないということは反応的にわかります。

ということでフォロースイングへクラブを持っていこうとします。

ここでもクラブが重たいので腕だけでは振れないことがわかりますので自然に体、腰の力を使います。

結果、フォロースイングとなり後は遠心力でフィニッシュまでいってしまうという感じです。

ジュニアは手打ちをしません、というより、ジュニアは手打ちができませんといったほうが正しいでしょう。

ジュニアからゴルフを始めた子は大人になってからも他の人よりボールが飛びます。

また力のない女子プロが男性ゴルファー並みに飛距離が出るのはジュニアが飛ぶようになる理由と同じです。

手打ち、腕力ではなく、体、腰の力を使っているからです。

ゴルフスイングの色々を気にしなくても今より飛ばしたい人は腕力だけでは持ち上げるのにちょっと大変かなと思えるぐらいの重さのものをゴルフスイングのように振る練習をしましょう。

そうすると手打ちじゃなく、体、腰の力を使ったスイングというものがわかり、飛距離を伸ばすことができます。

top...


どのクラブでも打ち方は同じ

レッスンをしていると「どのクラブでも打ち方は同じですか」という様な質問を受けます。

もちろん答えはYESです。

一つの打ち方(スイング)を覚えるだけでもかなり大変なのに全部のクラブの打ち方が違っていたら大変どころじゃなくなってしまいます。

打ち方は全て同じですが、構え方(アドレス)はクラブによって違ってきます。

なぜならボールを手で打たないでゴルフクラブというものを使って打つからです。

構え方で違ってくるのはよくわかるところで、ボールポジション、スタンス幅、前傾角度の3点です。

クラブが長くなればボールポジションは左になり、スタンス幅は広くなり、前傾角度は浅くなります。

クラブが短くなればその逆です。

 

top...


練習とは・・・

自分の目標を明確にし、それを達成するために今やるべきこと、できることをしっかりと自分自身で理解し、周りに振り回されず、一心不乱に努力をするということだと思います。

 

top...


右手グリップの力感が重要

右手のグリップというのはとても大切です。

もちろん形も大事ですが一番重要なことは力感です。

私の考えているゴルフスイングでは右手グリップの力感は ゼロ で良いと思います。

その理由はもちろん色々とありますが、その説明は長くなってしまうので省きます。

感覚的で良いのですが、アドレスからフィニッシュまで右手グリップの力感が ゼロ の状態でスイングすることができれば・・・

飛距離、方向性とも確実に向上するはずです!

 

top...


ゴルフ場では考えすぎない

練習場ではゴルフ場で良いプレーができるためにただ打つのではなく、自分のスイングの悪いところを改善するために色々とチェックしながら練習する必要があります。

もちろんチェックポイントは解る人に見てもらい、2~3ポイントぐらいが良いと思います。

ゴルフ場ではやはり楽しくプレーしたいですからあまり多くを気にしないようにすることをお勧めします。

それでも何も考えないというのは次のゴルフにつながらないと思いますので、ベストは何か1つ今日の目標みたいなものをもつと良いと思います。

今日は、フィニッシュをしっかりとる、ヘッドアップをしない、腰の回転のみで打つようにする、左サイドから攻めるようにする、パットを絶対ショートしない、などなど、どれかなにか1つを目標にプレーするとよいと思います。

練習場ではやはり練習、ゴルフ場では次につながるゴルフとその時のゴルフを楽しむことが大切だと思います。

top...


ナイスショットの準備が大切

よく聞く言葉で、どんなことにも当てはまると思います。

ゴルフ場へ行く準備、夕御飯の準備、テストをパスするための準備、旅行に行く準備、仕事をスムーズにこなすための準備、BBQの準備、結婚するための準備、などなど、全ての事に準備というのはつきものです。

もし準備していなかったら、その後の結果はあまり好ましくないことになります。

これは誰もが経験したことのあることだと思います。

ゴルフスイングにも準備というものがあります。

それはアドレスです。

ナイススイングをしてナイスショットをするためにはナイスアドレスという準備が必要です。

アドレスというのは動きではないので誰でもある程度はできるはずです。

スイングになると動きになってしまうのでビデオを撮ってみたり、専門的知識が必要となります。

ナイスアドレスがわからない人はまずは真似から入ることをお勧めします。

もちろん私が信じるナイスアドレスというものはあります。

ご興味のある方はこちらでご覧ください → 「ナイスアドレスの作り方

 

 

top...


スイング軸は一直線に

下の写真をクリックして参考にしてください。

後頭部、肩甲骨、腰の3点が一直線になっていることが分かると思います。

スイング軸が一直線になっていると回転もしやすくなりますし、回転スピードも上がります。

ということは、飛距離も伸びますし、方向性も良くなるということです。

一直線ということは直立した状態と同じということです。

前傾することによって初めはちょっと苦しい感がありますが、慣れてしまえば誰でもできるようになります。

とっても重要なことですので皆さんも試して下さい。

top...


肩からヘッドまでは一直線に

どのクラブでもインパクトは左肩から左腕、シャフト、ヘッドが一直線になることが理想的です。

ですから、アドレスでも下の写真のように一直線になった状態になっている必要があります。

そうすることによりシンプルなスイングができるようになり、無駄な動きが少なくなります。

もちろんなぜ一直線が理想的という理由は色々とありますが、ここでそれを説明すると長くなってしまいますので今度YouTubeの「動画レッスン」で説明させてもらいます。

top...


試合から学ぶ

残念ながら今回の宗次プロの岐阜オープンは初日72、最終日74の2オーバーとなってしまいました。

スコア、順位的には良くない結果となってしまいましたが、彼の試合でのプレーを見て今後必要なことが発見できたことが大きいです。

まずはスコアに直結するパットでの課題。

またアプローチ、ショットでの改善点。

とても多くの事が分かりました。

本人はレッスンを受けたことをしっかりとやっているつもりでしたが、できていることとできてないことがありました。

例をいうと、本人はバックスイングがおかしくなっていると思っていましたが、実際はバックスイングは結構できていましたがダウンスイングに問題がありました。

今回の試合で教える側として、プレイヤーの試合でのプレーを見ることの大切さをあらためて感じました。

みなさんもレッスンを誰かから受けているとしたら、そのコーチに自分のゴルフ場でのプレーを見てもらうことをお勧めします。

top...


下半身はどっしり、上半身はリラックス

下半身はどっしり、上半身はリラックスということはゴルフスイングではとても大事なことです。

プロゴルファーはまずそうなっています。

しかし、一般の方は逆になってしまっている状態をよく見かけます。

ここでいう下半身とは腹筋、背筋、腰、足、ひざ、足首、足の裏です。

上半身は胸、肩、首、顔、腕、肘、手首、グリップです。

全部を意識することは大変ですので、どれか一つづつでも試してみてください。

きっと自分にフィットする箇所が見つかります。

もちろん全体的に下半身はどっしり、上半身はリラックスの状態ができればショットの飛距離的にもまた安定感も飛躍的に向上します。

一度練習で試してみてください。

top...


確実に上達するために PART2

前回のPART1では「体と会話する」ということでした。

PART2では「あれこれしない」ということです。

それはどういうことか?

それは言葉どうり色々なことを試さないということです。

ゴルフ雑誌やテレビ、またはインターネット等で色々な情報が入ってくる便利な世の中です。

そういったものをふと見て「いいかも」と思ってしまいやってみる。

はたしてそれがその人(あなた)にとって良いことか?これはかなり疑問です!

ゴルフを教えるということは責任という点ではお医者さんや学校の先生等と比べるとあまり高いとはいえません。

また、ゴルフを教わる側も同じように思っていると思います。

命に関わることもなければ人生にそれほど影響を及ぼすものではありません。(もちろんゴルフを人生の職業として考えている人達を教える場合は例外です)

これは教える側、教わる側の両者が意識はしていないかもしれませんが無意識のところで感じているものです。

だから、一般のゴルファーは色々と試してしまうのです。「あれこれしてしまう」のです。

逆で考えて見ましょう。

自分が、ゴルフが上達しない、という病にかかっていて、1年後にスコア的にも飛距離的にも上達していないと死んでしまう・・・という状況を想像しましょう。

最初はその状況に動揺してまずは情報を集めると思います。

「どうやったら確実に1年後上達できるか?」ということを。

そしてそれに周りの人が答えてくれて色々と教えてくれると思います。

次は教えてくれたことを色々と試すと思います。

そこに不安が今度は生じてきます。これでいいのかな?と・・・

その不安を消すことができるのはその道のプロだけです。

癌を治すことができるのはそのことを専門とした人が一番良いと思います。

そこで大事なことはそのプロと、とことん話し合うということです。自分が死なないためにはどうすればよいか?ということを。

妥協をしてはダメです。わからないことは全て聞く!

答えることができなければその人はその道のプロではないかもしれません。その場合は他のプロを探しましょう。

そうすることにより答えを出してくれたプロとの間に信頼が生まれ、心にゆとりが持てるようになり、自分がやるべきことが本当の意味でわかってきて、今やるべきことを真剣にやろうとします。

そのような状況を作ることができれば上達しないということは、1年後という期間があれば、あまり好きな言葉ではありませんが、「絶対」、ないです。

もし、上達していなければ、それは自分がそれでも迷いフラフラしてしまったか、自分が選んだプロが間違っていたからでしょう。

全ては自己責任です。

良い先生(ゴルフを教えるプロ)と出会い、”上達しない”という病をその人と共に克服していくのが、一番の「確実に上達する方法」だと私は思います。

 

 

 

 

top...


確実に上達するために PART1

その答えは「体と会話する」ということです。

ほとんどのゴルファーの方は「ボールと会話する」状態になってしまっています。

ナイスショットは誰でも打てます。

問題はナイスショットの確率を上げることです。

ナイスショットが出たときの動きに惑わされてはダメです。

それはたまたまのナイスショットです。

問題は原因と結果です。

ナイスショットは結果です。

原因はナイススイングです。

ナイススイングとは体に無理なくまた様々な運動に共通した自然の動きになります。

その動きとはどういうものか?

自分自身でそれがわかるのは大変難しいと思います。

しかし、ボールにとらわれず、体の動きをできるだけ無理がなくシンプルにすることに神経を集中することを意識できれば少しづつでもわかってくると思います。

結果、ナイスショットの確率が上がり、ミスショットの確率が下がります。

練習場ではボールではなく体と一緒に練習をしてください。

top...


逆C型フィニッシュに注意

レッスンをしていると写真のような逆C型のフィニッシュの方をよく見かけます。

この形でフィニッシュをとると一番良くないのは腰を痛めてしまうということです。

ゴルフが上達する前に体を痛めてしまってはゴルフそもそもができなくなるので意味がありません。

またこの形のフィニッシュですと体の回転方向とクラブの回転方向が違ってきてしまうので飛距離も出なくなりますし方向性も悪くなってしまうので気をつけて下さい。

左の写真のように逆C型ではなくI型のようなフィニッシュとクラブが首辺りに巻きつくように心がけてください。

top...


体重移動はしてしまうもの

体重移動というのはするものではなくてしてしまうものです。

アドレス時にスイング軸が腰から後頭部まで一つのラインで右に傾いていればバックスイングでは右腰を後ろに引くだけで右側に体重移動が自然にできます。

ダウンスイングでは逆に左腰をその位置で引くイメージを持てばインパクト後にクラブの遠心力によって体重は左側に自然に移動していきます。

これができるようになるとスウェーをしなくなります。

top...


ドライバーが一番簡単

自分的にはゴルフクラブの中でドライバーが一番簡単です。ドライバーは常にティーアップで打てますし常に平らなライから打てます。

しかもヘッドが大きいので精神的に安心感があります。

また他のクラブと比べて軽いので余分な力がいりません。

コントロールをしたり、高い球や低い球など打つ以外は常に普通のフルショットをするばOKという感じです。

朝一のティーショット、フェアウエイが狭い、OB、池などの精神的なプレッシャーだけが問題です。

ドライバーを簡単に打つコツみたいなものは「一番軽いからできるだけ振らないこと」だと思います。

top...


腹筋でスウェーと手打ちを無くす

バックスイングの時に腰がスウェーしてしまう人、またトップでどうしても手が上がりすぎてしまう人、このような人達には腹筋を使うことをお勧めします。

バックスイングの始動時からトップにかけて腹筋の右側に力を入れてみましょう。

そうすると腰がスウェーできなくなることが分かるはずです。

またトップで腕が上げれなくなることも分かるはずです。

スウェーしないようにするではなくスウェーできなくなる、手を上げないようにするではなく手が上げれなくなる、というのが正解で正しいレッスンだと思います。

top...


鏡をよく見ましょう

上達するためにはもちろん練習は大切ですがボールを打つだけではいけません。

時々自分の姿を鏡で見るようにしましょう。

それがアドレスでもトップでもフィニッシュでもOKです。

自分のチェックポイントがわかっていれば鏡を見ることで確認できますし、また自分のチェックポイントがわからなくても変なアドレス、変なトップなどをしているとなにかおかしいなと気づいてきます。

きれいなアドレス、スイングはプロトーナメントのテレビ観戦やゴルフ雑誌などで何度も見ていますから違和感は自然に感じるようになります。

そうするとそこを修正したくなります。

修正の仕方がわからなかったら修正方法を知っている人に聞こうとします。

それが上達へとつながってきます。

top...


グリップ位置の再確認-正面-

アドレス時のグリップの位置は写真のように正面から見て左ももの内側になります。この位置はパッティング以外全てのクラブで共通 しています。もちろんアプローチ、バンカーショット、ドライバーショットでもすべて同じです。もちろんパンチショット、ロブショットなどでも同じです。

top...


連続打ちを練習に取り入れて!

練習をしている時に連続で何発か打つという練習をしてください。
これはティーアップで全然かまいません。
大切なことは連続で打つということです。この練習によりいくつかの良いことが体感できるようになります。
代表的なところで
1.スイング中のバランスが良くなる。
2.自分のスイングリズムがつかめる。
3.手打ちから体、腰をを使ったスイングがわかる。
4.スイング中の力みが少なくなる
5.クラブの軌道が安定してくる
などなどです。
目安として1セット5球から10球ぐらいが良いでしょう。
慣れてきたら20球ぐらいできると色々なことがかなり体感できるようになると思います。

top...


グリップエンドは常に低く!

アドレスの時に気をつけてもらいたいことの一つにこれがあります。

それはグリップエンドを常に低くしようと意識することでアドレス時にしっかりとした前傾が作れるからです。

練習をしているとどうしても腹筋と背筋が疲れてしまい前傾角度が甘くなってしまいます。

もし疲れてしまったら休めばいいだけのことです。

しっかりと前傾角度ができてない状態で練習してもよくない動きを体に覚えこませているようになるので気をつけてください。

top...


顔が回転しないとダメですよ

レッスンをしているとボールをしっかり見ようと思うばかりにアドレスからトップまでまったく顔を動かさない人や顔をずらす人がかなりみえます。顔というものは体の回転方向と同じ方向にアドレスからトップまで回転する動きが正しい動きです。直立した状態で顔を正面に向けたまま体を回転してみてください。顔が正面を向いたままだと体は45度ほどしか回転できないことがわかるはずです。しかしトップでは体は90度以上回転していることが理想です。ということは顔が回転しなければいけないということになります。もちろん顔を回転ではなくずらして体が90度回転しているように見えるなんちゃってトップもダメですよ。

top...


グリップと前傾角度の密接な関係

グリップを正面から見た場合、前傾角度が深くても浅くてもあまりグリップの形は見た目には変わりません。しかし後方から見た場合、前傾角度が浅いとボールとの距離が近くなり当然グリップの位置が高くなります。逆に前傾角度が深いとボールとの距離が遠くなりグリップの位置は低くなります。やってもらうとわかると思いますが、前傾角度が浅いと手首や肩に圧迫感を感じると思います。結論からいくとほとんどの方が前傾角度が浅く、手首が曲がった状態でグリップしてしまっています。しっかりと前傾した状態からグリップするようにして下さい。多くのゴルファーがバックスイングをインサイドに引きすぎるということもこのことが関係しています。最後にそれではどうしたら良いグリップができるかですけど、それはスイング軸(背骨)とクラブシャフトが直角の状態でグリップできればOKです。

top...


アドレスでは右腰の方が左腰より低くが自然

練習場で練習している人たちを後ろから見てください。ほとんどの人が左のお尻より右のお尻が高いことがわかると思います。これは同じ方向ばかりスイングして腰がずれてしまっているなどの理由があります。アドレスでは当然グリップは左手より右手の方が下にあります。ということは左肩より右肩が下に、左腰より右腰が下にくるのが自然です。グリップや肩は自然にできている人は多いですが腰はできてない方がとても多いです。ここを修正してもらわないと体を壊す原因にもなりますし、良いスイングができませんので注意して一度確かめてください。

top...


フィニッシュを決めましょう

フィニッシュが崩れてしまうということは色々な原因がありますが全て悪いことです。振り過ぎだったり、手打ちだったり、ボールを打ちに行ってしまったり、力の入れ過ぎだったりなどなど色々とあります。逆にいえばフィニッシュをしっかり決めることができればOKとも言えます。もちろん変なスイングや手打ちなどでもフィニッシュを決めることができるのですが、フィニッシュが崩れるより決まる方が全然良いといえます。特にゴルフ場では色々な要因がありますので、もしうまくいかなくなったらまずフィニッシュをしっかりと決めようと心掛けると意外と安定しますので是非次回ゴルフ場に行く時には試してください。

top...


練習は量より質で

一番良いのは量と質の両方ある練習ですが、さすがに何百球も何時間も自分のチェックポイントに集中して練習は普通出来ないと思います。そのような場合は集中力が続く範囲で練習してもらうことをお勧めします。練習場の経営者としては沢山練習してもらいたいですが、ゴルフコーチとしては玉数より時間より質のある練習をしてもらいたいです。たとえ、それがたったの50球だとしても。

top...


90%以上がインサイドに・・・

レッスンをしていて思うことは経験上90%以上の方がバックスイングでクラブを理想よりインサイドに振ってしまっているということです。その結果でスライスになってしまったり、フックになってしまったりします。まずバックスイングの始動でクラブ、または腕がインサイドに引き過ぎないように気をつけてください。

top...


新発見!!飛ばしと体のために

結論からいうと右打ちの人はたくさん左打ちの素振りをしよう!!ということです。先日ある方と出会いました。その人は筋肉のこと人間の骨格のことなどにとても詳しい方で有名な手塚一志氏とも交流のある方でした。
とりあえずやってみてください。
なぜ良いかということは今度ご説明しますので今回は少しの間やることにおいて体感してもらいたいからです。
今日、私のゴルフスクールでこれをやりましたが、わかってくれた方も多数みえますので・・・

top...


横ブレか縦ブレか?

良いゴルフスイングというのはアドレスからインパクトまでスイング軸(背骨)はぶれません。しかし、ほとんどのゴルファーは少なからず縦方向か横方向にぶれます。上手、下手というのはこのぶれが少ないか多いかと比例します。ということは、このブレを少なくすることができれば上達するということです。当然ですがぶれが少なければスイングはシンプルになりますので飛距離UPや方向性も良くなります。そこでまず最初に自分はどちらにぶれているかということを知る必要があります。それは自分が打つボールの種類でどういう球筋が多いかでまずわかります。基本的にフックボールが多い人は縦ぶれ、スライスボールが多い人は横ぶれになります。

top...


当たり前のことですが・・・

基本は目標に対してスクウェアにアドレスしなくてはいけません。コースで目標に対してスクウェアにアドレスするために普段練習場で目標に対してスクェアに アドレスしなくてはいけません。

しかし、、、練習場で練習している人たちに「ここどこがまっすぐ?」などという質問を受けます。練習をする時は練 習する前に自分の打席がどこを向いているか確認することから始めてください。やり方は簡単、打席の後ろからゴルフクラブを使って打席がどこを向いているか 見るだけです。これができないとコースではなかなか目標にスクウェアにアドレスはできませんので・・・・

top...


フォーローにかけて加速

ドライバーショットでもアイアンショットでもアプローチでもパットでもゴルフクラブはインパクトからフォーローにかけて加速していなければいけません。こ れはスポーツ全般にいうことができる基本です。これをどのように体感し自分のものにするかのドリルを紹介します。それは素振りで極端にバックスイングを小 さくしフィニッシュまで腰、体の回転で振り切る練習をすることです。何回も練習することできっとできるようになります。

top...


体重配分前後

アドレスでの体重配分は左右は左足より右足の方が体重が乗りますが前後は直立した状態と同じです。直立した状態で神経を足の裏に集中してもらいその感覚を保ったまま前傾しアドレスする練習をして下さい。

top...


イップスに挑む

イップスというのは精神的なことだと思います。私も恥ずかしながらイップスに苦しめられています。私はアプローチです。自分ではどのように動き、どのようにスイングできれば大丈夫ということがわかっているのになかなか難しいです。もう3年程悩まされています。でもなんとか克服したいと思います。自分が克服する体験を持つことで少なくとも自分がレッスンする人たちに体験談でも伝えることができると思いますから。精神的分野は私の専門ではありませんが基本は全て同じという観点から克服していきたいと思います。克服できないとゴルフが楽しくなくなってしまいますから・・・

top...


どこをみているか

ゴルフをするとき、どこをみているかということが非常に大切です。これはゴルフスイングではありません。自分のゴルフの今現在の目標がどこをみているかということです。これはゴルフに限らず全ての事に言えます。どこをみているかにより今やるべきことがわかり、また上達する力も違ってきます。またゴルフをするときにかかってくる自分へのプレッシャーも違ってきます。自分のゴルフの目標を明確にする。ここから始まると思います。
こんな話をよく聞きます。
素振りではいいけどボールがあると・・・練習場ではいいけどコースだと・・・コースではいいけどコンペになると・・・コンペではいいけど試合だと・・・試合ではいいけど優勝争いになると・・・というような・・・
話です。   大は小を包むと私は思います。 そして大を思うと小は気にならなくなると思います。

top...


トップでの右腰

正しいインパクト時の腰はアドレス時の左腰から背骨を軸に回転した状態です。
フックボールやプッシュスライスが多い人はインパクトで左腰が目標方向にズレます。一般的にいうスウェーです。
逆にスライスボールや引っかけが多い人はインパクトで左腰が目標方向と反対方向にズレます。
一般的に言われる腰が引けてしまった状態です。

top...


インパクト時の左腰

正しいインパクト時の腰はアドレス時の左腰から背骨を軸に回転した状態です。
フックボールやプッシュスライスが多い人はインパクトで左腰が目標方向にズレます。一般的にいうスウェーです。
逆にスライスボールや引っかけが多い人はインパクトで左腰が目標方向と反対方向にズレます。
一般的に言われる腰が引けてしまった状態です。

top...


スイング中の顔の傾き

レッスンをしていて感じたことですけど、ほとんどの方がバックスイングの時に顔が左に傾いてしまっています。これはボールを見ようという意識が強すぎるこ とからなってしまうことだと思います。スイング軸というのは当然ですがアプローチ、パットを除き右に傾いています。グリップの位置、右手が左手より下にあ ることからそのようになります。というこは顔も当然右に傾いていることが自然であり、またそうでなければ良いスイングができません。これはとても重要で す。皆さん自分の顔をチェックしてください。

top...


スイングチェンジで上達するには・・・

その時は今までとフィーリングが違ってきますので、なかなかうまくボールが飛ばなかったりします。しかしそれが普通です。スイングを変えた瞬間にいきなり うまくいくということはマレです。しかしそのチェックポイントをしっかり練習してもらうと結果は後から必ずついてきます。ボールの行方やスイングの違和感 に負けないよう練習してもらうようお願いします。

top...


パット、肩で打てていますか?

パットは肩の上下運動で打ちます。手首や腕はアドレス状態のままストロークします。しかし、どうして手首や腕を動かしてしまっている人を多く見かけます。 そのような人はアドレスの時にグリップエンドをお腹につけて、腕を体につけ、その二つの箇所をずらさないようにストロークしてみてください。肩のみのパッ ティングストロークが体感できるはずです。

top...


右手の親指と人差し指

グリップをする時に右手の親指と人差し指はグリップを両方の指で横方向につまむようにすることをお勧めします。この二つの指はスイング中に力が入ってしまうことが多いです。力が入り過ぎてグリップが削れてしまっている人たちをよく見かけます。これを縦方向にグリップすることから横方向にグリップすることで改善できます。

top...


ボールの結果かスイングか

もし本当にゴルフが上達したいなら、練習場ではボールの行くへは気にしてはいけません。ボールが飛ぶとか、方向性が良いというのは全て結果です。その全てはクラブがボールにあたるまでにどのように動いたかということです。練習場で、またゴルフ場でもゴルフボールに負けないでください。正しいスイングをするということが大切です。良いゴルフスイング=ナイスショット、というようにしましょう!その逆はありません!!

top...


5つのラインが平行に

アドレス時に大切なことです。目標と平行になっていなければいけない5つとは両足のかかと、両足の膝、腰、両肩、両腕のひじ、です。是非チェックしてみてください。

top...


スウェー撲滅手の動き編

手の動きはバックスイング始動時では前方へフェースが開きながらということをして下さい。そうするとスウェーは少なくなります。アドレス編でスイング軸と右足の傾き、バックスイング始動時編での右腰の動かし方、この2つのポイントを復習してから今回の手の動きを練習して下さい。バックスイングで腰を正しく動かすと手が必要以上にインサイドに行ってしまいます。そしてスウェーをしてしまう人はほとんどがバックスイングでフェースがシャットになってしまいます。以上のことから今回の手の動きがスウェーをしないために必要になってきます。

top...


上達のための基本、小と大

ゴルフが上手い人はバックスイングが小でフォローが大です。もちろんその逆は上手じゃない人です。それはパッティングでもアプローチでも同じことが言えます。どんなショットを打つにしても常にバックスイングよりフォロースイングが大きいことが大切ですよ。その理由を説明することはできますが長くなるのでここでは書きません。とりあえず思いあたる方はある程度の期間これに集中してやってみて下さい。きっと変化がわかるはずです。運動、動きの基本ですから大丈夫です。

top...


スウェー撲滅スイング始動編

スウェーを無くすためにはまずはアドレス、そして次にバックスイング始動時です。ここで間違った動きをしてしまいますともうダメです。ダウンスイングでもほぼ間違いなくスウェーします。ということで始動を大切にして下さい。アドレス編でもお伝えしたようにスイング軸(背骨)が右に傾いていれば回転するだけで体重移動はできます。しかしスウェーをしてしまう人の多くは体重移動をしようと回転ではなく直線的に右に動いてしまいます。まずはここからイメージ転換をしてもらうことが良いでしょう。右腰の外側はアドレス時より正面から見て右側には絶対に動いてはいけません。私が今回出版させて頂いたDVDの体重移動ステップ2の部分です。スウェーは上達という点でも良くないですが体を痛めるという点にも大きく関わってきますので是非スウェーをしないゴルフスイングをするようにして下さい。

top...


スウェー撲滅アドレス編

スウェーを撲滅するためにはどうすればいいのか?今回はアドレスからの撲滅作戦です。これもまた色々ありますがあまり多くをお伝えしても混乱してしますので今回は絶対に必要なことを2つ書きます。1つはアドレス時にスイング軸がしっかりと右に傾いているということです。後方から見てパンツのラインから頭のてっぺんまでが1つのラインとなって右に傾いているということです。もう一つはアドレス時の右足の角度が左足よりもあることです。これは以前私がゴルフ雑誌に紹介した「こちら」をご覧ください。

top...


スウェーに悩む方へ

スウェーというものはゴルフスイングにおいて、腰が左右に移動することですがそのことに悩んでいる方はとても多いと思います。それではそれをどう解決する かですがまずはアドレス時にスウェーができにくい状態にしておくことが必要です。そしてそのアドレスができたらバックスイング始動の最初のイメージをどの ようにするかが次のステップです。

top...


切返しはいつ?

切り返しというものはほとんどの人が遅すぎるというのがゴルフです。それは対象物であるゴルフボールが止まっているからです。人間というのは動いているものに対応することは自然にできますが止まっているものには難しいようです。そこには考えというものが生まれるからです。動いているものに対しては反応ということができそれに対しては考える余裕がありません、しかし止まっているものに対しては自然な体の動きより思考が勝ってしまいいつものような自然な動きができません。これを克服するためには止まっているボールを並べといて自分が前に動きながら連続して打っていく練習が効果的ですが日本の練習場ではなかなかそのようなことはできません。とりあえず切り返しというものはそのようなことからできるだけ早くクラブ、腕、肩がトップポジションまで行く前に左腰から動かし始めるようにした方が良いでしょう。長い間レッスン活動をさせてもらっていますが、今までに切り返しが早すぎるという人を見たことがないので・・・

top...


視覚とスイング軸

ゴルフだけではなくどのスポーツでもこれは言えます。スイング軸に対して両目のラインはアドレスでは直角関係にして下さい。こうすることによりスムーズな回転運動ができるようになります。視覚もとても重要です。

top...


プリショットルーティン

とはショットの前に行う習慣のこと。これがどのショットを打つときでも同じだと良いショットが打てる確率が上がる。詳しくは「こちら

top...


いらない指

右手の親指と人差し指はゴルフスイング中悪さをすることがとても多い。よってスイング中はその二つの指を使わないように意識すると良い。また素振りの時におもいきってその二つの指をグリップから外してスイングする練習はとても良い練習になる。

top...


グリップを強く握ってしまうポイント

アドレスの状態であればグリップを誰もが緩く握れるはず。しかしその緩いグリップを強く握ってしまう第一のポイントはバックスイング始動の瞬間、第二はトップポジション、第三は切り替えしの時、第四はダウンスイング始動時、最後はインパクト時、(第二と第三は基本的には同じ)上級者ほど強く握ってしまうポイントは後に来る、または理想的にフィニッシュまで強く握ってしまうポイントはない。

top...


グリップを握る強さ

これはできるだけ緩く、スイング中クラブがグリップから抜けてしまうぐらいに感じる強さがお勧め。

top...


体の傾き

グリップで右手が左手より下にある。グリップの位置が左足内側、当然右肩は左肩より下がっていることが正しい。クラブが長くなるにつれてその傾き角度は増す。

top...


グリップの位置

アドレス時グリップは正面から見た場合左足内側に来る。

top...


スクウェアにアドレスをしましょう

まずは足からです。体の構造上足は均等に逆八の字にすること。そして両つま先、両膝、腰のライン肩のラインを目標方向と平行にすること。目標方向に体のそれぞれのパーツが平行に立つこれは良いゴルフスイングをする上で基本中の基本。

top...


バランスの良いフィニッシュを心がけましょう

プロのトーナメントを見てもらってもわかるようにすべてのプレイヤーはバランス良いフィニッシュをしています。逆にミスショットをした場合はフィニッシュ が崩れる場合が多いです。バランスの良いフィニッシュ=ナイスショット、バランスの悪いフィニッシュ=ミスショットという式が成り立ちます。アマチュアの 場合で特にゴルフ場ではボールを打つことに意識がいき過ぎてバランスがフィニッシュで崩れてしまうことが目立ちます。もう少しボールを打つ意識をバランス の良いフィニッシュをとる方に向けてもらうとナイスショットは増えるでしょう

top...


逆スイングの重要性

右打ちの人は左の素振りを多くやることは体のためにもゴルフ上達、飛距離UPにもとても重要なことです。これは骨格の調整、筋肉の調整にもつながるからです。聞いたことはありませんか?左利きの人がゴルフを右打ちでゴルフをやると良いということを。野球の世界ではイチローは右投げだけど左打ちで世界のイチロー。何事でもいえることですがバランスが大切ということです。最近の日本のプロゴルファーでも・・・片山はやってますよね左素振り。

top...


右手のグリップで最も重要なこと

それは左手の手の平に対し、右の手の平がしっかりと向き合うことです。これはとても重要なことです。ゴルフスイングにおいて(パターを除き)スイング中手 首は必ず返ります。その時にスムーズ且つ自然な動きをするためには両手の平が向き合っているということは必要不可欠です。これを体感するにはゴルフクラブ を持たないで両手の平を向き合わしてスイングします。次に左手の手のひらに対して右手の平を上に向けてスイングします。そして今度はその逆で左の手の平に対し右手の平を下に向けてスイングします。手の平を合しているとスムーズにリストターン、また腕の動きも体の回転もできるのにそうでない場合は難しいことがわかるはずです。

top...


右足の壁

バックスイングの時に右足を動かさないように、横にながれないようにする。そうすることによりスウェーを防ぐということを聞いたことがある。しかしこれはアドレス時に極力動けない状態にした上での話である。その状態とは腰のラインが目標方向と平行で右股関節が左股関節よりも低くなおかつ膝から下が地面に対し垂直背あることが必要である。

top...


左手のグリップで最も重要なこと

左手のグリップで一番大事なことは?

私は自然にグリップすることと答える。

自然とはそれでは何か?

今まで生きてきてものを普通に握ってきたようにゴルフクラブも握る(グリップする)ということ。鉄棒を握るとき、野球のバットを握るとき、何かものを取ろうとするときなどなど。共通することは握っていたものを 離したときに中指から腕までが直線になっているということ。これが左手のグリップで一番大切なこと。これはアドレスにもリンクしてくるから非常に大事である。それではゴルフグリップをそのようにグリップするにはどうしたらいいか?答えは簡単!直立しゴルフクラブを地面と平行にし、軸(背骨)と直角関係にし た状態でグリップする。その状態でグリップを放してみる。どんな人がやっても中指から腕までが直線になっていることがわかるはず。

top...


頭は動かないもの

前回のレッスンでは頭は動くものと書いた。
そこで今回は頭は動かないものそれはどういうこと?と思われるかもしれない。このときの頭は動かないもの というのはパターのとき。ショットは腰の回転で行い、パットは肩の上下運動で行なうから。そしてパットのスイング幅はかなり長いロングパットでも小さい。 ということで頭は動かない。

top...


右足はいつ上がる?

という質問を受けます。まずはダウンスイングからインパクトにかけて左腰が回転することにより左腰に引っ張られて上がり始めます。その後インパクトからフィニッシュにかけてクラブにかかる遠心力により引っ張られて上がります。つまりその二つの力によって上がるということになり、右足がみずから上がるということはありません

top...


水平振りしてください

ゴルフでスイング軸(背骨)とクラブの関係は直角です。しかしなかなかアドレスではこの関係ができていない人が多いです。直角関係でないのにそのままスイングしてしまうとクラブは正しいところに動きません。しっかりと直角関係を作って下さい。その感覚を掴むには直立の状態でクラブを水平にしてください。そしてそこでスイングしてください。少しづつどのような感じか体感できてくるはずです。

top...


スイング軸の理解

スイング軸というのは背骨になるが実際は後頭部も含まれてくる。腰から後頭部まで一本の軸があると仮定しアドレスをすると良いアドレスになり、またスイングすると良いスイングになる。

top...


頭は動くもの

頭は動かすなという昔からの言葉には修正を加えなければいけない。ここでは結論からいくので答えは頭は動かせ軸は動かすなというもの。多くの人は頭を動か さない=目を動かさない。これは間違い。詳しいい説明はまたにしとくけど、軸を動かさないために頭(顔)は動かさなくてはいけない。動くというのは体の回 転によって動く。直線的なものではない。これは一般的にスウェーという。理解してもらいたいのは軸(背骨)は目の位置ではなく目の10センチほど後方にあ る。ということは軸を動かなければ目は移動することになる。結論から言うと顔はアドレス時よりバックスイングからトップにかけて回転し顔の正面は右足の方 を向いている、ダウンスイングでは右肩があごの下に来るまでその位置をキープ、そして右肩につられてフィニッシュと頭、顔が動いていくということが正し い。

top...


index


>>Shortcut Lesson