[J's Style シンプルスイング理論 -DVD-]


「今井純太郎 J's Style シンプルスイング理論」

ただいま竢o版社より好評販売中!

DVD Description
内容紹介
今田竜二の兄弟子が進スイング理論を徹底解説
★DVDコンテンツ95分
●今井純太郎のスイング理論(各プロセスにおける理論の解説)

★『書くだけで上達するゴルフノート』(50P)
〜Amazon.co.jpより転載







[スイング軸のワンピース化]



[ Tips ]
多くの方がスイング軸がツーピースになってしまっています。ワンピースならシンプルな回転運動が可能になります。ということは飛距離も伸び、方向性も良くなるでしょう!


[グリプを握る強さ]



[ Tips ]
一流のプロゴルファー、かなりの飛ばし屋の人にグリップを強く握っている人はまずいません。自分のゴルフクラブのグリップを見てください。もしグリップがすり減っていたらちょっと注意が必要ですよ。


[ゴルフスイング 2009/10]



[ Tips ]
どのクラブでもゴルフスイングは基本的に同じです。違ってくるのはアドレスでのボールポジション、ボールと体との距離、前傾角度、左右の体重配分、軸の傾き、スタンス幅、といったような感じです。


[プライベートゴルフ1]



[ Tips ]
ゴルフ場に行ったら一番大切なことはゴルフを楽しむことだと思います。
もちろん上達するために何か一つぐらい今日の目標みたいなものを持つこともお勧めします。例えば、今日はパットを絶対ショートしない、今日はフィニッシュを毎回決める、今日はグリップに力を入れない、などなど・・・
気をつけることが何個もあると大変ですので注意して下さいね。


[ドライバーショット]



[ Tips ]
ドライバーは一番距離の出るクラブですのでどうしても力が入ってしまいます。ドライバーこそグリップをいつもよりゆるく、ゆったりとしたリズムで、フィニッシュをしっかり決めるように心がけてください。


[ロブショット]



[ Tips ]
ロブショットはフェースをおもいっきり開き、スタンス幅も広くとり、ゆったり、大きくスイングすることが大事です。


[パター]



[Tips]
パットは肩の上下運動で打ちます。大事なのはフォローでしっかりとその肩が動けているかです。


[バンカーショット]



[ Tips ]
バンカーショットも基本的にはアプローチと同じです。しかしバンカーショットでは砂と一緒にボールを飛ばしますからスイングが大きくなります。
アドレスではスタンス幅が広くなり、ボールポジションが左になり、フェースがオープンになります。


[プリショットルーティン]



[ Tips ]
一流と言われるプレイヤーは自分のプリショットルーティンというものを持っています。これは精神、気持ちを落ち着かせ、ショットを安定させる効果があります。思い当たることはありませんか?不安な時に素振りをたくさんしたり、やたらと目標を確認したりなど・・そして力が入ってしまいミスショットみたいな時を。


[スイング集]



[ Tips ]
ゴルフスイングに個性はありませんが、良いゴルフスイングを作っていくためには人のもつそれぞれの個性を尊重します。そこで大事になってくるのがやはりまずは「基本」です!




[スロー動画60°ウェッジ -後方から-]



[ Tips ]
バックスイングもダウンスイングも腰から動き始めます。腰から動き始めなければ一般的によく言われる手打ちとなります。


[スロー動画9番アイアン -後方から-]



[ Tips ]
回転運動が出来ていればスウェーはしません。回転運動と直線運動を同時にしてしまうとスウェーします。


[スロー動画5番アイアン -後方から]



[ Tips ]
通常のショットの場合どのクラブでもボールを上げようとしてはいけません



[スロー動画クリーク -後方から-]



[ Tips ]
どのクラブでも打ち込むという意識を持ってはいけません。


[スロー動画ドライバー -後方から-]




[ Tips ]
スイングやリズムはどのクラブでも同じです。



[体重移動 ステップ3]




[体重移動 ステップ2]




[体重移動 ステップ1]



[ Description ]


良いスウィング。
それは躰にやさしい――それは躰の故障を引き起こさないものであり、必然的にゴルフと末永く付き合うことを可能にする――ものであり、もちろんスコアアップを望めるものであり、そして結果的にとてもカッコイイスウィングをあなたにもたらすものである。
良いスウィングを身に着けるためにまず学ぶべきこと。
それは体重移動。グリップの握り方やアドレスやバックスウィングの仕方等々を学ぶまえにまずは体重移動。これをしっかりと躰に覚えさせなければならない。
良いスウィングは体重移動がベースであり根幹であり、それなくして良いスウィングは存在しない。これはゴルフに限った話ではなく、人に属するすべての動作に及ぶものである。スポーツ全般はもとより、歩くことや走ること、果ては箸を扱う動作にまで。もちろん体重移動ができなくてもクラブを振ることはできるし、歩くこともできる。箸で食事を摂ることも可能だ。ただし良いスウィング/良い動作――それは躰の故障をもたらさないもの。それはカッコイイフォルムをもたらすもの――には決してならない。
良いスウィング。その基礎を担う体重移動。
それはあなたにゴルフの楽しさを提供し続ける機関の基礎を成すものである。

by JiGA+D
















x