腹筋の使い方

スイング中に腹筋を意識することにより、トップポジションでの体の伸びあがりやオーバースイング、フィニッシュでの体の反りかえりなどを防止することができます。

インパクト後の体の動き

インパクト後の体の動きで大切なことはアドレスでの軸(背骨)の前後と左右の傾きをそのままキープするということです。そしていつまでキープするかはアゴの下に右肩がくるまでです。

手首の使い方

手首は左腕ライン上で縦方向に動かすのが正しい使い方です。

横方向も良くないですし、テイクバックでクラブフェースがシャットになるような使い方も良くありません。

正しい顔の動かし方

スイング中に正しい顔の動きをしないと、スイング軸を中心としたシンプルで自然な回転運動ができなくなってしまいます。是非正しいスイング中の顔の動きをマスターしましょう。

トップポジションからのクラブの落とし方

クラブを振ってしまったり、ボールを打つ意識が強い場合、トップポジションからのクラブの正しい落とし方はできません。

トップポジションからのクラブの動きとバックスイング始動時のクラブの動きは基本的には同じです。

クラブは左腕のライン上で縦方向に動きます。剣道のスイングのように。