今井純太郎

レッスンプロの今井純太郎です。十代の頃アメリカに渡りゴルフ理論を学びました。プレイヤーとしてツアーにも参戦しました。

現在は中津川市を拠点として全国的にティーチング活動を行っています。契約ツアープロのシード権獲得、生徒の数名がプロテストに合格等、堅実かつ 確実に実績を積み重ねています。またプロのみならずアマチュアゴルファーへのレッスンも行っています。更にはいくつかのゴルフ情報誌にてコラムを受け持ち、ゴルフ理論をより多くのゴルファーに伝えるべく邁進しています。それがゴルフとの幸せな関係をゴルファーにもたらすことを祈りながら。

使命

体を痛めることなくゴルフを上達させる方法を多くのゴルファーに伝えること。

想い

まずはからだにやさしいゴルフを。そしてもちろんゴルフを楽しみ、そのうえでゴルフ技術の向上を促すような、そうした情報をきちんとしたかたちでゴルファーの皆さんにお届けできないものかと、いつの頃からかそう想うことがわりと頻繁にあったように想う。

そこでふと思いたったのだ。自分達でつくってみようと。
ありがたいことにいくつかのゴルフ雑誌の連載をさせていただいているので、自分の抱えている情報を整理し再構築する手段のいくらかは把握している。そこでそれらの経験を最大限に生かし、様々なひととの出会いを通してこれまでに培ってきた経験や知識、そしてゴルフにむけた想いを、そのすべてを反映させるような場をつくることは可能なのではと、そう考えたのだ。

ゴルフスウィングにおいて一朝一夕に技術を向上させる手段 は存在しない。


スウィングには人間工学上「理想のスウィング」が存在する。ヴァイオリンみたいなもので、男女差はいくらかあるのだけど基本的に年齢体格とわず一定の 「型」としてある。僕は誤解を恐れず断言してもかまわない。ゴルフと怪我、故障なく長く付き合い、そして楽しみ、さらには技術を向上させる手段はたったひとつしかない。それは「理想のスウィング」のもつ流れにからだをトレースさせること。あせらず丁寧に辛抱強くこつこつと。これしか無いのだ。
ともあれそういったことも踏まえ、いくらかの経緯を経て、かたちなきものからかたちあるものを、正しい情報を正しい形でゴルファーの皆さんにお伝えする場を、今回僕たちはつくりあげました。これまでの経験、知識そして想いを丁寧にきちんと整え配置して。

こちらは私のスイング理論をまとめたDVDです。

人間工学的に無理のない、とてもシンプルなスイング。まずは固定概念を脇に置いてじっくりと見て頂きたい。あなたのゴルフ人生をより良いものにする為に。