アゴの高いバンカーショットの打ち方 - ゴルフレッスン動画

アゴが高くてもバンカーショットは基本的に左足体重をキープすることが大事です。

上げたい場合は、フェースを開く、スタンス幅をを広くし、よりオープンスタンスにする、

フォローを高くとる、というようなことで対処します。

動画レッスンはこちらをクリックしてください。

       ↓ ↓ ↓

アゴを高いバンカーショットの打ち方

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ  

170322 | Comments(0) | Trackback(0)


インパクト時の右足のイメージ - 動画ゴルフレッスン

インパクト時の右足のイメージはベタ足がオススメです。実際はフルスイングになれば左の腰の回転に引っ張られ結果的には上がりますが、イメージ的には右足は地面にべったりとくっついていることをお勧めします。ショートアイアンやアプローチなどは特に意識すると良いでしょう。

動画レッスンはこちらから

     ↓

インパクト時の右足のイメージ

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ  

170311 | Comments(0) | Trackback(0)


腰痛にならないアドレス-動画レッスン-

ゴルフで腰痛になってしまう人の多くは腰に負担のかからない回転方向に対して、クラブや腕を縦方向に振ってしまっています。 これをアドレスで修正することが出来れば腰痛の人でももっと多くのボールが打てるようになります。

また、腰痛の改善に繋がると思います。一度試して頂けると嬉しく思います。

動画レッスンはこちらを→クリックしてください→ 『腰痛にならないアドレス』

TIPs

Presented by Di-aRC



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ  

170220 | Comments(0) | Trackback(0)


回転運動と横運動は同時に出来ない

今日は「回転運動と横運動は同時に出来ない」という動画をご紹介したいと思います。

こちらを→「回転運動と横運動は同時に出来ない」クリックしてください。

動画が始まります。

その他の無料ゴルフレッスン動画は私のJIGA-Dホームページのこちらをクリックでご覧いただけます。 → 「今井純太郎ホームページでのゴルフレッスン動画集

TIPs

基本的にゴルフスイングにおいて回転運動と横運動を同時に行うことはできません。 理想的なゴルフスイングは回転運動のみのスイングです。 しかし、横運動をしてしまう人は横運動をしてから回転運動をしてスイングというようになってしまいます。 一般的に言うスウェーというものです。 当然短い時間のスイングの中で、二つの運動でスイングするより一つの運動でスイングした方が 飛距離的にも方向性にも良いと言えます。



〜amazon.co.jpより転載

セケンノヒョウカ  

170213 | Comments(0) | Trackback(0)