正しい腰の動かし方

バックスイングではアドレスで出来た右足の角度を変えないようにトップポジションまで行きます。切り返し後からフォローは今度は左足の角度を変えないようにします。その二つの角度を変えないようにできれば結果的に腰の動きは正しくなります。

顔と左肩と左腕の関係

ダウンスイングからインパクトまで、顔はトップの時の状態をキープします。
左肩はトップからインパクトにかけて開くようにします。
左腕は外側に回るようにします。

この3つのポイントが正しいトップからの良いインパクトへと導きます。

肘の使い方

バックスイングの際、右肘は始動とともに曲がってトップまでいきます。左肘はアドレスからインパクトまで伸びたままです。トップからインパクトまではトップでの右肘の曲がりをキープします。インパクトからフォローは今度は左肘が徐々に曲がっていき、右肘が徐々に伸びていきます。

固い砂からのバンカーショット

通常のバンカーショットではフェースを開きますが、砂が固い場合はそのようにすると砂に跳ね返されトップなどのミスショットをしてしまいます。

固い砂の時はフェースを開かないようにしてスイングすることをおススメします。

バンカーならしのマナー

バンカーショットのあとは、自分自身でバンカーをきれいにならすことが基本マナーとなります。これはとても大事なことです。

セルフプレーが多くなってきた最近では、皆さんがしっかりとマナーを守ることが楽しいゴルフへと繋がってきます。

アゴの低いバンカーショット(応用編)

アゴが低いバンカーショットの場合、通常のバンカーショットのようにサンドウェッジで砂の爆発によってボールを飛ばすエクスプロージョンショットをする必要はありません。

そのようなショットが得意であればそれでいいですが、苦手な場合は通常のアプローチのようにショットすることも一つの手です。

バンカーでの簡単なマナーとルール

バンカーはハザードですのでアドレスでクラブを砂につけてはいけないとか、ショットの後バンカーをもとのようにならさなくてはいけないということがあります。

簡単なルールとマナーを身につけるとゴルフがより楽しくなると思います。

コックの作り方とタイミング

コックというのは誰でもします。しないという人はいません。コックをするタイミングが遅いとトップポジションで腕が曲がってしまったり、オーバースイングになってしまいます。

コックはバックスイング始動時から徐々に始まり、左腕が地面と平行になった時には完成しているというのが理想です。