JiGA+D
home about about lesson movies publications news photos links links

Lesson MOVIEs

>> on line golf lesson

やはり映像はワカリヤスイ!

本当の意味での理解やそのあたりのことはちょっとばかり脇に置いておいて、なにはともあれ分かり易いことは良いことだ。平易で平明、明瞭で明確。the シンプル。やはりこれが大事なのだ。人に何かしらを伝えようとするときにはとくに。というわけでレッスン動画を作ってみました。内容はとてもシンプル。
是非ご覧あれ。

written by 佐伯力 / Di-arc

designed by
Di-aRC ©JiGA+D

回転運動と横運動は同時に出来ない

基本的にゴルフスイングにおいて回転運動と横運動を同時に行うことはできません。 理想的なゴルフスイングは回転運動のみのスイングです。 しかし、横運動をしてしまう人は横運動をしてから回転運動をしてスイングというようになってしまいます。 一般的に言うスウェーというものです。 当然短い時間のスイングの中で、二つの運動でスイングするより一つの運動でスイングした方が 飛距離的にも方向性にも良いと言えます。

ゴルフ練習する前にやっておきたいこと - 今井純太郎

ゴルフ場では目標に対してスクウェアにアドレスするということが大切です。スクウェアにアドレスしているつもりでもそうでない人は多々います。しかし練習場ではマットがあるためほぼスクウェアにアドレスできます。練習場ではスクウェアにアドレスしてスイング、ゴルフ場ではそうでない、これでは練習の意味がありませんので気をつけましょう!

頭の上下運動はなぜよくないのか - 今井純太郎

ゴルフスイングはシンプルな回転運動であることが理想です。 しかし、頭が上下してしまうと回転運動と上下運動を同時にしなくてはいけなくなります。 ゴルフスイングは一瞬です。 その間に回転運動と上下運動をすることはゴルフをより難しくすることになってしまいます。

良いゴルフコーチの見分け方 - 今井純太郎

病気をしたときに良いお医者さんに診てもらうことが良いように、 ゴルフが上達したいなら良いゴルフコーチに教えてもらうことが良いと思います。 ゴルフコーチという方はとても多くいます。 皆さんのゴルフがもっと楽しくなり上達するために良いコーチに出会ってください。

スイングよりアドレスを考える - 今井純太郎

スイングを考えることはとても大事ですが、アドレスがおかしいことでスイングを考えてもそのように出来ないということが多々あります。 スイングというのはアドレスの後です。 ゴルフというのはアドレスをしてからスイングをするという順番はどなたでも同じです。 是非アドレスをもう少し考えて頂きたいと思います。

アドレス時の左体重はダメ - 今井純太郎

通常のショットでアドレス時に体重が右側より左側にあることはお勧めできません。 色々と理由はありますが、良くない大きな理由の一つとしてスウェーしないとスイング中体重移動が出来ないということです。

腕を振ったら腰は使えない ー 今井純太郎

どのスポーツでも聞く言葉で「もっと腰を使って」というのがあります。 ゴルフも基本的には腰を使ってスイングをします。 しかし腰を使えるようにするにはどうしたら良いか?ということを知らなければ使おうと思っても使えません。 私はそこが重要だと思います。

スイングリズム-動画レッスン-

スイングリズムは1,2です。ゴルフスイングと歩きや走りのリズムは共通します。1,2,3では歩きや走りは難しくなります。11,2のリズムのスピードは速くても遅くてもかまいませんが、リズムのスピードがパターからドライバーまでほとんど全てのショットで同じであることが大切です。

お勧めプリショットルーティン-動画レッスン-

プリショットルーティンがあるのとないとではショットだけではなくアプローチ、パットの成功率が大きく変わってきます。自分で気持ち良く行えるプリショットルーティンを持つことが大切です。アマチュアの方にお勧めのプリショットルーティンはこちらの動画をご覧ください。

スイングの基本中の基本 小と大

上達するためには基本をしっかりとすることが大事です。これはゴルフに限らず、動き、スポーツの基本です。

ヘッドアップ-動画レッスン-

頭(ヘッド)は回転では動きますが、スイング中上下左右には動きません。上下左右に動くということはスイング軸(背骨)も動くということですので当然ショットは安定しません。

体重移動ステップ5-動画レッスン-

体重移動というのは「する」のではなく「してしまう」ものです。

体重移動ステップ4-動画レッスン-

体重移動ステップ4では体重を均等でスムーズに移動させるということがポイントになります。

体重移動ステップ3

頭の正しい動きを体重移動にプラスしましょう!

体重移動ステップ2

体重移動を横の動きではなく、回転運動のみで行うようにしましょう!

体重移動ステップ1

良いスウィング。 それは躰にやさしい——それは躰の故障を引き起こさないものであり、必然的にゴルフと末永く付き合うことを可能にする——ものであり、もちろんスコアアップを望めるものであり、そして結果的にとてもカッコイイスウィングをあなたにもたらすものである。 良いスウィングを身に着けるためにまず学ぶべきこと。 それは体重移動。グリップの握り方やアドレスやバックスウィングの仕方等々を学ぶまえにまずは体重移動。これをしっかりと躰に覚えさせなければならない。 良いスウィングは体重移動がベースであり根幹であり、それなくして良いスウィングは存在しない。これはゴルフに限った話ではなく、人に属するすべての動作に及ぶものである。スポーツ全般はもとより、歩くことや走ること、果ては箸を扱う動作にまで。もちろん体重移動ができなくてもクラブを振ることはできるし、歩くこともできる。箸で食事を摂ることも可能だ。ただし良いスウィング/良い動作——それは躰の故障をもたらさないもの。それはカッコイイフォルムをもたらすもの——には決してならない。 良いスウィング。その基礎を担う体重移動。 それはあなたにゴルフの楽しさを提供し続ける機関の基礎を成すものである。

スイングよりアドレスを考える - 今井純太郎

スイングを考えることはとても大事ですが、アドレスがおかしいことでスイングを考えてもそのように出来ないということが多々あります。 スイングというのはアドレスの後です。 ゴルフというのはアドレスをしてからスイングをするという順番はどなたでも同じです。 是非アドレスをもう少し考えて頂きたいと思います。

腰痛にならないアドレス - 今井純太郎

ゴルフで腰痛になってしまう人の多くは腰に負担のかからない回転方向に対して、クラブや腕を縦方向に振ってしまっています。 これをアドレスで修正することが出来れば腰痛の人でももっと多くのボールが打てるようになります。

アドレスでの背中 - 今井純太郎

アドレスでの背中は直立した時と同じであることが大事です。 このことがスムーズな回転運動、ヘッドスピードの向上に繋がってきます。

アドレス時の左体重はダメ - 今井純太郎

通常のショットでアドレス時に体重が右側より左側にあることはお勧めできません。 色々と理由はありますが、良くない大きな理由の一つとしてスウェーしないとスイング中体重移動が出来ないということです。

前傾キープのコツはチンアップ - 今井純太郎

アドレスでもスイング中でも前傾をキープすることが大切です。 キープするコツは色々とありますが、チンアップを意識することもお勧めする一つです。

正しいオープンスタンス(アドレス) - 今井純太郎

オープンスタンス(アドレス)とは目標方向より左側を向いてアドレスをとることをいいます。これにも正しいオープンスタンスとそうでないものがあります。

正しいクローズスタンス(アドレス) - 今井純太郎

クローズスタンスとは目標方向より右側を向いてアドレスをとることをいいます。これにも正しいクローズスタンスとそうでないものがあります。

バランス良く構える -動画レッスン-

ゴルフスイングはスイング軸を軸とした回転運動です。アドレスの時点でバランス良く構えていないとスムーズな回転運動が難しくなります。また、人間はバランスを保とうとする機能があります。よって、バランス悪く構えてしまってもスイングできてしまうという点がゴルフスイングを逆に難しくしてしまっているかもしれません。

スイング軸の一直線化-動画レッスン-

スイング軸が一直線でないとシンプルな回転運動ができません。スイング軸は後方から見たときに右に傾き一直線であることが理想です。しかし、ゴルフは同じ方向ばかりスイングするので骨盤が左にずれてしまい、その結果スイング軸が一直線でなくなってしまうので気をつけましょう。

スクエアにアドレスするための5つのチェックポイント-動画レッスン-

アドレスが目標に対してスクエア(平行)になっているかをチェックするポイントは大きく分けて5つあります。その5つのポイントがしっかりとスクエアになっていれば、目標に対して良いアドレスができているといえます。

アドレス時の左腕とシャフトの関係-動画レッスン-

正面からアドレスを見たときに左腕とシャフトが一直線になっているということが大切です。これはパター以外どのクラブでも同じです。アドレス=インパクト、力をしっかりとボールに伝えるということからもこれは大切です。

右半身のやわらかさの重要性-動画レッスン-

右半身がやわらかくないとスムーズなスイングができません。右半身が固いとバックスイングでクラブがシャットになったり、トップポジションで腕が浮いてしまったり、打ちこむようなインパクトになったりと様々な良くない動きをしてしまうことになります。

右足の壁-動画レッスン-

右足の壁はスイング軸をスイング中に安定させるためにとても重要です。右足の壁がしっかりと出来ていなかったらスイング軸は必ずブレるといっても過言ではありません。右足の壁を作るためにバックスイング中、腰の動きを我慢してはダメです。アドレスの状態ですでに右足の壁を作ってしまうことが理想です。

アドレス時の足の向き-動画レッスン-

アドレス時の理想の足の向きは逆ハの字です。右打ちの方は練習をしていると腰がずれてきて左足が開き右足が閉じてしまうので気をつけましょう。

3種類の前傾と正しい前傾-動画レッスン-

アドレスでの前傾は大きく分けて3種類あります。頭での前傾、お腹からの前傾、股関節からの前傾です。当然正しいのは股関節からの前傾です。

アドレスでの腕の向き-動画レッスン-

アドレスでの腕の向きを正しくすることで、トップでのフライングエルボーやインパクトでの左ひじが引けてしまうような良くない動きを防止することができます。

腰のラインは目標に対してスクウェアに-動画レッスン-

アプローチショットを除きその他のショットでは腰のラインはアドレスで目標方向のラインに対し平行であることが大切です。練習をしているとどうしてもバックスイングよりフォローの方の回転が強くなるので、アドレスで腰が開きぎみになってしまうので注意しましょう。

クラブごとのスイング軸の傾き-動画レッスン-

スイング軸(背骨)はアドレス状態から右に傾いていることが自然です。そしてその傾きはクラブが長くなるほど傾きが大きくなります。これはグリップポジションやスイング中の体重移動などと密接に関係してきます。

アドレス時の体重配分(前後) -動画レッスン-

つま先かかとの体重配分も自然であるということが大切です。そのようにアドレス時にすることによりバランスの良いスイング、体重を支えられるスイングができるようになります。

左腕と体の関係-動画レッスン-

スイング中左腕は体の同じところにあることが理想です。もちろんフォローからフィニッシュにかけて左腕は体から離れますがアドレスからインパクトまでは同じ関係を保つとショットの結果も良くなります。

下半身を安定させるコツ-動画レッスン-

ゴルフというスポーツは下半身がどっしり安定しているとそれにともないスイングも安定しショットの精度が向上します。

スイング軸の前傾-動画レッスン-

スイング軸はボールに対して前傾しなくてはいけません。どのクラブでもフルショットの時はスイング軸とシャフトが90度になっていると正しい前傾角度といえます。

スイング軸の傾き-動画-

スイング軸がしっかりと前傾してないと手打ちになってしまいますので気をつけてください。スイング軸とクラブの関係は直角です。

スイング軸のワンピース化-動画-

多くの方がスイング軸がツーピースになってしまっています。ワンピースならシンプルな回転運動が可能になります。ということは飛距離も伸び、方向性も良くなるでしょう!

フルショット時のグリップを持つ長さ - 今井純太郎

飛ばしたいという気持ちからグリップを必要以上に長く持っている人をよく見かけます。長く持つ=飛距離が出るという気はしますが長く持ちすぎはかえって飛距離ロスや方向性が悪くなる場合があるので気をつけましょう。

短いアプローチのグリップ - 今井純太郎

短いアプローチはグリップを短く持ちます。短く持てばダブリやトップなどのミスは少なくなります。

グリップの親指の位置 - 今井純太郎

親指が正しいところに収まっていないと怪我の原因となってしまいます。怪我の原因ということは当然ショットにも影響してきます。特にスイング中の切り返し時で痛める方を何度も見ています。気をつけてください。

右手のグリップで大事なことPart2-動画レッスン-

スイング中に悪さをするのは大体右手の親指と人差し指です。悪さというのは力が入ってしまったり、クラブを振る動作をしてしまうということです。そのようなことをしないようにするとスイングはとても安定してきます。

右手のグリップで大事なことPart1-動画レッスン-

私が思う右手のグリップで最も大事なことは、右手の平がしっかりと左手の平と向き合っているということです。これができないと正しくアドレスできなかったり、スイング中クラブや腕が返りにくくなってしまいます。

左手のグリップは自然にPart2-動画レッスン-

左手のグリップで自然を意識するためにはフックグリップやウィークグリップ、フィンガーやパームというようなことはあまり考えないほうがいいでしょう。

左手のグリップは自然にPart1-動画レッスン-

左手のグリップというのは自然に握るということが最も大切です。自然とは何か、それはその他の様々なものを握るという動作とゴルフグリップを握るという動作がイコールの関係になっているということです。

グリップの位置

グリップの位置はどのクラブでも同じになります。
ドライバーでもアイアンでもアプローチでも同じです。パターのみグリップの位置は違います。

グリップを握る強さ-動画-

一流のプロゴルファー、かなりの飛ばし屋の人にグリップを強く握っている人はまずいません。自分のゴルフクラブのグリップを見てください。もしグリップがすり減っていたらちょっと注意が必要ですよ。

回転運動と横運動は同時に出来ない

基本的にゴルフスイングにおいて回転運動と横運動を同時に行うことはできません。 理想的なゴルフスイングは回転運動のみのスイングです。 しかし、横運動をしてしまう人は横運動をしてから回転運動をしてスイングというようになってしまいます。 一般的に言うスウェーというものです。 当然短い時間のスイングの中で、二つの運動でスイングするより一つの運動でスイングした方が 飛距離的にも方向性にも良いと言えます。

バックスイング時の頭のチェックポイント

バックスイング時での頭の動きはとても重要です。 スイング軸というのは右側に傾いていますが、ボールをしっかりと見ようとすることでスイング中に頭が逆に傾き、トップで肩がしっかり入らなくなったり、腰がスウェーしてしまったりと良くないことが起きてしまいます。 頭の正しい動きがスイングをスムーズにシンプルにします。 結果的に飛距離アップや方向性も良くなります。

インパクト時の右足のイメージ - 今井純太郎

インパクト時の右足のイメージはベタ足がオススメです。実際はフルスイングになれば左の腰の回転に引っ張られ結果的には上がりますが、イメージ的には右足は地面にべったりとくっついていることをお勧めします。ショートアイアンやアプローチなどは特に意識すると良いでしょう。

正しい切り返しのイメージ - 今井純太郎

ボールを投げる時の切り返しの動作とゴルフスイングの切り返しの動きは共通しています。 ゴルフスイングも他のスポーツや動きと基本的には同じです。

頭を上下させない対処法 Part10 - 今井純太郎

素振りをイメージしてスイング、フィニッシュまで振り抜く、ボールを打とうと思わない、ということも対処法になります。 素振りは出来るけど本番はなかなかできないという人も沢山みえますが、しっかりと意識を集中して練習して頂ければきっと出来るようになります。 出来ないのは出来るまでの練習がただ足りないだけです。

頭を上下させない対処法 Part9 - 今井純太郎

ダウンスイングからインパクトにかけてトップで出来たシャフトと左腕の角度を変えないように意識することも一つの対処法になります。 この角度が崩れてしまうとトップからインパクトにかけて頭は上がってしまいます。

頭を上下させない対処法 Part8 - 今井純太郎

切り返しも重要なポイントです。 左腰からの切り返しを意識することがオススメです。 トップから腕が先行してしまうと腕を振り下ろす動きが上体が上がる原因となり結果的に頭も上がってしまいます。

頭を上下させない対処法 Part7 - 今井純太郎

バックスイング中にボールを見ようとする意識が強すぎると頭の傾きがアドレス時と逆方向に傾いていってしまいます。 結果的にバックスイングで頭が落ちインパクトで上がることになってしまいます。 スイング中に頭の傾きを意識することも対処法の一つです。

頭を上下させない対処法 Part6 - 今井純太郎

トップポジションでクラブシャフトが目標より右を向いてしまうと頭が下がってしまいます。 右ひじが開き左肩が落ち結果的に頭が下がってしまうという感じです。 トップポジションでクラブシャフトが目標より左を指すという練習も効果的です。

頭を上下させない対処法 Part5 - 今井純太郎

バックスイング時で左腕が地面と平行になった時に左腕が右腕より高い位置にあるということもチェックポイントの一つです。 逆の人はバックスイング時に右ひじが引けている場合が多いですので気をつけてください。

頭を上下させない対処法 Part4 - 今井純太郎

バックスイング始動時にクラブフェースが閉じてしまう(シャットフェース)ことも上下運動の原因の一つです。 始動時にゴルフクラブを真っすぐに引こうとするとそのようになってしまうので気をつけてください。

頭を上下させない対処法 Part3 - 今井純太郎

バックスイングの始動時に左肩が落ちてしまうと当然頭も落ちてしまいます。 その結果スイング中頭が上下運動をしてしまいます。 バックスイングの始動時に左肩が落ちないように意識することもおススメです。

頭を上下させない対処法 Part2 - 今井純太郎

アドレス時に右足が閉じてしまうと左腰より右腰が高くなり、バックスイングでスムーズな腰の出来なくなってしまいます。 結果的にバックスイングで左肩が落ち頭の上下運動となってしまいます。

頭を上下させない対処法 Part1 - 今井純太郎

ゴルフスイング中頭を上下させないためには、クラブの動きと体の回転方向を同じにする事が大切です。 そのためにはアドレスでスイング軸(背骨)がしっかりとボールに向かい傾くことが必要です。

頭の上下運動はなぜよくないのか - 今井純太郎

ゴルフスイングはシンプルな回転運動であることが理想です。 しかし、頭が上下してしまうと回転運動と上下運動を同時にしなくてはいけなくなります。 ゴルフスイングは一瞬です。 その間に回転運動と上下運動をすることはゴルフをより難しくすることになってしまいます。

腕を振ったら腰は使えない ー 今井純太郎

どのスポーツでも聞く言葉で「もっと腰を使って」というのがあります。 ゴルフも基本的には腰を使ってスイングをします。 しかし腰を使えるようにするにはどうしたら良いか?ということを知らなければ使おうと思っても使えません。 私はそこが重要だと思います。

右半身について - 今井純太郎

右半身はアドレスとスイング中にリラックスした状態でないと飛距離と方向性に大きく影響してきます。

リラックスしたスイングリズム ー 今井純太郎

リラックスしたスイングリズムを掴むためにはイメージが必要です。イメージはタラーン、タラーン、シュッです。これをイメージしスイング中心の中で言いながらスイングするとボールを打ちに行ってしまうようなスイングではなくしっかりとフィニッシュまで振りぬけるスイングができるようになります。

スムーズなバックスイングの練習法 - 今井純太郎

バックスイングの始動はスムーズに行いたいものです。しかし止まった状態から動くとどうして力が入ってしまったり、スムーズに行えないことがあります。そんな時は動いた状態からバックスイングをして感覚を掴む練習がお勧めです。

加速するスイングの重要性 -動画レッスン-

加速するスイングをするためには腕や上体をリラックスし腰主導のスイングをすることが大切です。それともう一つ、ボールを打ちに行かないようにして、イッキにトップからフィニッシュまで振り切ることを意識することも必要です。

右半身のやわらかさの重要性-動画レッスン-

右半身がやわらかくないとスムーズなスイングができません。右半身が固いとバックスイングでクラブがシャットになったり、トップポジションで腕が浮いてしまったり、打ちこむようなインパクトになったりと様々な良くない動きをしてしまうことになります。

左足の壁を作るための練習法-動画レッスン-

左足の壁がないと切り返しからダウンスイング、インパクトにかけて左腰がスウェーしてしまいます。その結果、スイングがスイング軸を軸とした回転運動ではなく、腰のスウェーによる上下運動になってしまいますので様々なミスショットに繋がってしまいます。

アドレスとインパクトの関係-動画レッスン-

インパクトはアドレスの再現ともいわれます。インパクトとアドレスの違いはインパクトでは捻転差があり、アドレスではないということです。

正しい腰の動かし方-動画レッスン-

バックスイングではアドレスで出来た右足の角度を変えないようにトップポジションまで行きます。切り返し後からフォローは今度は左足の角度を変えないようにします。その二つの角度を変えないようにできれば結果的に腰の動きは正しくなります。

ダウンスイングでの顔と左腰の関係-動画レッスン-

顔はトップの位置では体の回転につられ右側に回転します。そのトップの位置の顔はインパクト後の右肩がアゴの下にくるまでキープできることが理想です。そしてトップからそこまでの動きは全て左腰を引く力のみで行われます。

顔と左肩と左腕の関係-動画レッスン-

ダウンスイングからインパクトまでの顔はトップの時の顔の状態をキープします。左肩はトップからインパクトにかけて開くようにし、左腕は外側に回るする様にします。この3つのポイントが正しいトップからの良いインパクトへと導きます。

肘の使い方-動画レッスン-

スイング中の肘はバックスイングでは始動とともに右肘が曲がってトップまでいきます。左肘はアドレスからインパクトまで伸びたままです。トップからインパクトまではトップでの右肘の曲がりをキープします。インパクトからフォローは今度は左肘が徐々に曲がっていき、右肘が徐々に伸びていきます。

手首の使い方-動画レッスン-

手首というのは左腕のライン上で縦方向に動かすのが正しい使い方です。横方向も良くないですし、テイクバックでクラブフェースがシャットになるような使い方も良くありません。

右肘の意識と正しいトップ-動画レッスン-

バックスイングで右肘を意識することで正しいトップを作ることができます。またスライス、フックの防止にもつながります。

スムーズなテイクバックと切り返し-動画レッスン-

スムーズなテイクバックとスムーズな切り返しは一流プレーヤーに共通するものです。

コックの作り方とタイミング-動画レッスン-

コックというのは誰でもします。しないという人はいません。コックをするタイミングが遅いとトップポジションで腕が曲がってしまったり、オーバースイングになってしまいます。コックというのはバックスイング始動時から徐々に始まり、左腕が地面と平行になった時には完成しているというのが理想です。

クラブの水平振り=ゴルフスイング-動画レッスン-

直立した状態でクラブを水平にして振る動きと通常アドレスした状態でクラブを振る動きは同じでなくてはいけません。

正しい顔の動き-動画レッスン-

スイング中に正しい顔の動きをしないとシンプルで自然なスイング軸を中心とした回転運動ができなくなってしまいます。是非正しいスイング中の顔の動きをマスターしましょう。

腹筋の使い方-動画レッスン-

スイング中に腹筋を意識することによりトップポジションでの体の伸びあがりやオーバースイング、フィニッシュでの体の反りかえりなどを防止することができます。

インパクト後の体の動き-動画レッスン-

インパクト後の体の動きで大切なことはアドレスでの軸(背骨)の前後と左右の傾きをそのままキープするということです。そしていつまでキープするかはアゴの下に右肩がくるまでです。

右肩の使い方-動画レッスン-

アドレスからトップ、そしてインパクトまでアドレスで作られた右肩の状態をキープするとスムーズで自然なスイングに近づけます。

トップポジションからのクラブの落とし方-動画レッスン-

トップポジションからのクラブの落とし方はクラブを振ってしまったり、ボールを打つ意識が強いと正しくできません。トップポジションからのクラブの動きとバックスイング始動時のクラブの動きは基本的には同じです。クラブは体の中心に向かい左手の腕のラインで縦方向に動きます。

バックスイングの始動時のクラブの動き-動画レッスン-

バックスイングではクラブは飛球線のラインに対し少しづつインサイドに入ってくる動きが正しい動きです。クラブを真っすぐ引こうとすると様々なミスショットの原因となるので注意しましょう。

バックスイングの始動の仕方-動画レッスン-

バックスイングの始動で一番先に動き始めるのは右腰です。上体、腕、クラブなどは右腰の動きによって動かされるものです。そして大事なのは右腰をどのように動かすかです。

切り返しのポイント-動画レッスン-

切り返しはクラブ、腕、上体がバックスイング方向に動いているときに下半身(左腰)がダウンスイング方向に動き始めるということが最も大切です。

フィニッシュの大切さ-動画レッスン-

体に無理のないバランス良いフィニッシュが常時とることができる = シンプルな体の回転によるリラックスしたゴルフスイング という式が成り立ちます。

理想的なフィニッシュ-動画レッスン-

理想的なフィニッシュとは自然な状態であり、体に無理がないものです。

深いラフのアプローチ - 今井純太郎

重要なのは出来るだけインパクト時にボールとクラブの間に芝生(ラフ)が入らないようにすることです。そのためのアドレス、スイングをする必要があります。

アプローチの成功率を上げる練習方法 ー 今井純太郎

短いアプローチはアドレスからフィニッシュまで体重を左足に乗せておくことが大切です。体重が右に移ってしまうとミスの原因になるので気をつけてください。

ライの悪いアプローチ ー 今井純太郎

ライの悪い時などのグリーン周りのアプローチではパターのようにアプローチをするということもお勧めです。

アプローチの右手の使い方 - 今井純太郎

アプローチもショット同様手や腕を使わず腰を使って打ちます。アプローチでボールを上げようという意識が働いてしまうとどうしても利き手を高く上げようとして手の平がフォローで上を向いてしまうようになります。通常のアプローチではそのような動きはミスにつながるので気をつけてください。

アプローチのクラブフェース - 今井純太郎

フルショットではトウダウン現象が起きるのでアドレス時にトウが浮いているようにします。しかし短いアプローチではスイングが小さくなるためトウダウン現象は起きませんのでアドレス時からトウは浮かないようにします。

短いアプローチのグリップ - 今井純太郎

短いアプローチはグリップを短く持ちます。短く持てばダブリやトップなどのミスは少なくなります。

バウンスを使ったアプローチ - 今井純太郎

アプローチに不安を感じた時など、フェースを開きバウンスを滑らしていくというテクニックも覚えておくといいですよ。

アプローチの距離感 Part4 -動画レッスン-

アプローチというのは、手で狙った所にボールを投げるということと同じです。皆さんも経験があると思いますがキャッチボールをする時やゴミをゴミ箱に投げ入れる時やバスケットボールをリングに狙う時などなどほとんどバックスイングを意識しないで、目で見て目測をしフォローの感覚のみで行います。ゴルフのアプローチも同じです。

アプローチの距離感 Part3 -動画レッスン-

距離感をつかむためには、クラブのロフト通りに打つということが大切になります。そのためには正しい回転運動(アプローチの距離感Part1参照)でインパクトからフォローにかけ腕やクラブがアドレス時と同じように体の中心にあるようにすることです。

アプローチの距離感 Part2 -動画レッスン-

距離感をつかむためにはクラブが加速しているということが必要です。これはアプローチに限らずフルショットやバンカーショット、パットでも同じです。インパクトからフォローにかけてクラブが加速するように心がけてください。

アプローチの距離感 Part1 -動画レッスン-

アプローチもフルショットも同じです。フルショットは腰を使って打ちます。当然アプローチも同じです。全てのショットを同じにすることでスイングがシンプルになります。シンプルになると頭での理解が簡単になり体もその動きをよりスムーズに覚えやすくなります。

アプローチの距離感をつかむためのクラブ選び-動画レッスン-

アプローチは転がしが基本です。しかし、時にはボールを浮かさなければいけない時や、遠くに飛ばさなければいけない時があります。また、距離を調節する方法としては同じ大きさのスイングでクラブを変える方が簡単です。しかし、その場合ですとそのクラブでの距離感というものがなかなかつかめません。パットを例にとると1メートルも20メートルも同じパターというクラブで打ちます。当然そこには距離感というものが必要になってきます。アプローチの場合転がしていくなら7番アイアン、浮かしたいならウェッジを使います。そこで、ここではその真ん中のクラブ9番アイアンを使い、そのクラブで色々な距離の距離感をつかむことお勧めします。そこから距離感をつかんでいき、感じがつかめたら他のクラブでも同じようにやってみると良いと思います。

アプローチ時の体重とキープの重要性-動画レッスン-

アプローチではアドレスで体重が左足の内側にあるようにし、それをスイング中キープすることが重要です。

上げるアプローチの基本-動画レッスン-

アプローチでボールを上げたい場合はまずはスイングは同じでアドレスを変えてアプローチする方法が基本です。

グリーン周りで失敗しないために-動画レッスン-

グリーン周りのアプローチでトップやダブリといった失敗をしないためには正しいアドレスが不可欠です。あとは余分な動きをできるだけしないようにして体の回転のみでスイングできればアプローチの成功率は飛躍的に上がるでしょう。

グリーン周りの逆目のラフからのアプローチ-動画レッスン-

逆目のラフはアプローチをするときに芝生の抵抗が普通のライのアプローチよりかなり強くなります。その抵抗に負けないようにアドレス、スイングするということが大切です。

急斜面のアプローチ-動画レッスン-

急斜面にきてしまったら、まず急斜面に対応したバランスのとれたアドレスを作ることが大切です。そしてそこからスイングし、バランスのとれたフィニッシュをとれるようにしましょう!

確実なグリーン周りのアプローチ‐動画レッスン‐

有名なプロゴルファーが以前言っていました。「ゴルフはゴロフ」私もその言葉に賛成です!

アプローチのアドレスー動画ー

アドレスはとても大事です。それはショットでもアプローチでもパットでも全てに言えます。理想的なアドレスをした方が良い結果が出る確率は当然上がります。ご自分のアドレスを一度見直すことは良いことだと思います。

アゴの高いバンカーショットの打ち方 - 今井純太郎

アゴが高くてもバンカーショットは基本的に左足体重をキープすることが大事です。 上げたい場合は、フェースを開く、スタンスを広くしたりオープンにしたり、フォローを高くとる、というようなことで対処します。

固い砂からのバンカーショット - 今井純太郎

通常のバンカーショットではフェースを開きますが、砂が固い場合はそのようにすると砂に跳ね返されトップなどのミスショットをしてしまいます。 固い砂の時はフェースを開かないようにしてスイングすることをおススメします。

バンカーならしのマナー - 今井純太郎

バンカーショットのあとは自分自身でバンカーをきれいにならすことが基本でとても大事なことです。 セルフプレーが多くなってきた最近では皆さんがしっかりとマナーを守ることが楽しいゴルフへと繋がってきます。

アゴの低いバンカーショット(応用編) - 今井純太郎

アゴが低いバンカーショットの場合、通常のバンカーショットのようにサンドウェッジで砂の爆発によってボールを飛ばすエクスプロージョンショットをする必要はありません。そのようなショットが得意であればそれでいいですが、苦手な場合は通常のアプローチのようにショットすることも一つの手です。

バンカーでの簡単なマナーとルール-動画レッスン-

アマチュアゴルファーの方は通常のアプローチよりバンカーからのアプローチの方が難しいという方が多いように感じます。バンカーはハザードですのでアドレスでクラブを砂につけてはいけないとか、ショットの後バンカーをもとのようにならさなくてはいけないということがあります。簡単なルールとマナーを身につけるとゴルフがより楽しくなると思います。

フェアウェイバンカーの打ち方-動画レッスン-

フェアウェイバンカーも打ち方は基本的には通常のショットと同じです。気をつけたいのはできるだけボールをクリーンに打てるようなアドレスをとるということです。

目玉のバンカーショット-動画レッスン-

目玉のバンカーショットはフェースを閉じないといけません。ボールの手前にクラブを鋭角に打ち込んでいくことも大切です。

バンカーショット-動画レッスン-

バンカーショットもポイントを押さえていればそれほど難しくはありません。体重を左足に乗せそのままフィニッシュまで、しっかりと振りぬく、などなどです。

グリーン上でのマナー Part3 - 今井純太郎

グリーン上は芝生も短く刈り込んであり、フェアウェイやラフと比べるととても痛みやすいところです。 グリーン上では飛び跳ねたり、足を引きずったりなどしないようにすることは大切なマナーです。

パッティング時の右手の使い方 - 今井純太郎

パッティングというのはボールを転がすという動きと同じです。ボールを右手で転がすときの動きとパッティングをしたときの右手の動きはイコールの関係であるべきです。

パッティングのクラブフェース - 今井純太郎

パターにもロフト角度があります。アドレス時にパターのトウが浮くように構えるとボールは左に行きやすくなります。またヒールを浮かせて構えると右にボールが行きやすくなります。

ショートパットを入れる確率を上げる方法 Part 3 -動画レッスン-

ショートパットは殆どカップを見ないという気持ちが大切です。カップが近いあまり入ったかどうか確認したくなってしまいますが、それでは目が動き結果として頭まで動いてしまいミスパットとなってしまいます。

ショートパットを入れる確率を上げる方法 Part 2 -動画レッスン-

肩の上下運動でパッティングをするということは、絶対的に肩のラインが目標方向と平行になっていなくてはいけません。肩のラインがオープンやクローズになってしまっていては外れてしまいますし、仮にカップインしたとしてもそれは手首や腕を使ったパッティングとなってしまいます。

ショートパットを入れる確率を上げる方法 Part 1 -動画レッスン-

パッティングでは手首や腕は使わないようにすることが大事です。手首や腕は器用に動きますので方向性や距離感も安定しにくくなります。ショットでは腰を使い、パットでは肩を使うことをお勧めします。

パッティングのアドレスPart3-動画レッスン-

パッティングもその他のショットと同じように両腕が引きつけた状態で胸が張っているようなアドレスができるように心がけましょう。

パッティングのアドレスPart2-動画レッスン-

パターには種類がありますのでパッティングでのボールポジションは左目と右目の間の目の真下をお勧めします。目の真下でパターの種類や構造にあわせてアドレスをとりましょう。

パッティングのアドレスPart1-動画レッスン-

色々と理由はありますが私はクロスハンドを強くお勧めします!

パッティングのアドレスと打ち方-動画-

良く言われる言葉ですが「パットイズマネー」。まさにそのとおりです。これはプロゴルファーです。ですからプロはパットの練習をよくします。アマチュアはパットがスコアアップのカギみたいな感じでしょう。ショットの練習も大切ですがパットの練習をもっとしてもらうとゴルフ場へ行った時に良いことが起こると思います。

パター動画

パットは肩の上下運動で打ちます。大事なのはフォローでしっかりとその肩が動けているかです。

インパクト時の右足のイメージ - 今井純太郎

インパクト時の右足のイメージはベタ足がオススメです。実際はフルスイングになれば左の腰の回転に引っ張られ結果的には上がりますが、イメージ的には右足は地面にべったりとくっついていることをお勧めします。ショートアイアンやアプローチなどは特に意識すると良いでしょう。

素振りで大切なことPart3 - 今井純太郎

ティーショットやフェアウェイからのショットでは必要ないですが、ラフからのショットやグリーン周りからのアプローチ時などは素振りによってそのライの確認をすることができます。 雨が降っていたり、ラフが長かったり、逆目だったりする時などに有効です。

素振りで大切なことPart2 - 今井純太郎

どのようなボールを打つかによってアドレス、スイングは変わってきます。 どのようにアドレスするか、どのようにスイングするかをイメージし素振りすることが大切です。

素振りで大切なことPart1 - 今井純太郎

素振りで最も大切なことはこれから打つボールをイメージするということです。 これはドライバーショットでもアイアンショットでもアプローチでもパターでも同じです。 そしてそのイメージは良いイメージでなくてはいけません。 調子が悪かったり、OBがあったり、池があったりしてマイナスイメージを持ってしまうとそれがスイングの力みやボールを打ちにいってしまったりして悪い結果と繋がってしまいます。 最初は難しくても継続して良いイメージを持つようにすることは必ず良い結果へと繋がってきます。

アゴの高いバンカーショットの打ち方 - 今井純太郎

アゴが高くてもバンカーショットは基本的に左足体重をキープすることが大事です。 上げたい場合は、フェースを開く、スタンスを広くしたりオープンにしたり、フォローを高くとる、というようなことで対処します。

ディボットライの打ち方 - 今井純太郎

このようなライの打ち方はほとんどフェアウェイバンカーと同じです。 大事なことはボールをクリーンに打てるようアドレスすることです。

斜面でのボールの飛び方 つま先上がり - 今井純太郎

つま先上がりのライではクラブのロフトの関係上、通常にスイングした場合はボールは目標より左に飛び出します。 よってアドレスでは目標より右方向に構えるようにしてください。

斜面でのボールの飛び方 つま先下がり - 今井純太郎

つま先下がりのライではクラブのロフトの関係上、通常にスイングした場合はボールは目標より右側に飛び出します。 よってアドレスでは目標より左方向に構えるようにしてください。

即打ちのススメ - 今井純太郎

構えたら(アドレスに入ったら)すぐにスイングを始動する、ということはとてもおススメです! これが出来るだけで確実にショットの成功率は上がると思います。 アドレスの状態で時間をとってしまうと体が固くなってしまったり不安な気持ちが襲ってきたりと良くないことが多いです。

斜面でのボールの飛び方 左足上がり - 今井純太郎

左足上がりの斜面のライでは重力の関係上ダウンスイングからインパクトにかけて体重が右足に残りやすくなります。 そのためクラブが通常のショットよりもかえりやすくなり、そのようになるといつもよりボールは左方向に飛ぶようになります。

斜面でのボールの飛び方 左足下がり - 今井純太郎

左足下がりのライではダウンスイングで重力の関係上左足に体重が乗りやすくなります。 そのため通常よりクラブが遅れてくるようになり、結果的にボールは目標より右に飛びやすくなります。

リラックスしたスイングリズム ー 今井純太郎

リラックスしたスイングリズムを掴むためにはイメージが必要です。イメージはタラーン、タラーン、シュッです。これをイメージしスイング中心の中で言いながらスイングするとボールを打ちに行ってしまうようなスイングではなくしっかりとフィニッシュまで振りぬけるスイングができるようになります。

メンタル ショット編Part1 - 今井純太郎

アドレスに入ってからあれこれ考えていてはミスショットの確率が上がるだけです。 色々考えるのではなく自分は完璧だと思うようにしましょう。 最初は思えなくても思うように心がければ徐々に思えるようになりスムーズなスイングができます。 そして当然ながらナイスショットの確率は上がります!

左足下がりの打ち方-動画レッスン-

左足下がりのライは苦手という方はとても多いと思います。左足下がりのライで絶対しようとしてはいけないことはボールを上げようとすることです。もちをんボールを高く上げることはできますが、それにはちょっとした技術が要りますので・・・  ということで左足下がりの時は低いボールでいこうというイメージを持つようにしましょう。

左足上がりの打ち方-動画レッスン-

左足上がりのライはボールが上がりやすいので比較的簡単です。そして、ポイントを押さえればもっと簡単になります。傾斜のライでの一番大切なことはフィニッシュをバランスよくしっかりととるということです。

ホールに合わせたクラブ選択-動画-

常にドライバーでティーショットではお遊びゴルフになってしまいます。プロは絶対常にドライバーということはありません。スコアアップを望まれるならティーグラウンドでちょっと考えてみてください。まずはOBのショックからの脱出と良い流れを一発のミスから無くさないようにすることです。

ピンを狙わないコースマネージメント-動画-

アマチュアの方とラウンドをしていると常にピンを狙うという方が結構います。常にこの状態ですともちろんうまくいく時もありますが、逆に大きなミスにつながってしまう場合があります。ゴルフというのは「どれだけスーパーショットを打てるかではなくどれだけ大きなミスをしないようにし18ホールで1打でも少ない打数であがるスポーツ」です。常にピンを狙うのは攻めているのではなくコースマネージメントができていないといえます。

ティーグラウンドでのワンポイント-動画-

ティーグラウンドでは自分でボールをティーアップする位置を決めることができます。ここでちょっとだけポイントを抑えることができればティーショットが成功する確率は上がります。

ラフからのショットの打ち方-動画-

ラフは芝生が通常より長いということですので、ショットの時にボールとクラブの間に芝生が入ってしまいます。そのようにならないようにするには・・・というように考えると答えがわかってきます。

斜面でのボールの飛び方 つま先上がり - 今井純太郎

つま先上がりのライではクラブのロフトの関係上、通常にスイングした場合はボールは目標より左に飛び出します。 よってアドレスでは目標より右方向に構えるようにしてください。

斜面でのボールの飛び方 つま先下がり - 今井純太郎

つま先下がりのライではクラブのロフトの関係上、通常にスイングした場合はボールは目標より右側に飛び出します。 よってアドレスでは目標より左方向に構えるようにしてください。

斜面でのボールの飛び方 左足上がり - 今井純太郎

左足上がりの斜面のライでは重力の関係上ダウンスイングからインパクトにかけて体重が右足に残りやすくなります。 そのためクラブが通常のショットよりもかえりやすくなり、そのようになるといつもよりボールは左方向に飛ぶようになります。

斜面でのボールの飛び方 左足下がり - 今井純太郎

左足下がりのライではダウンスイングで重力の関係上左足に体重が乗りやすくなります。 そのため通常よりクラブが遅れてくるようになり、結果的にボールは目標より右に飛びやすくなります。

正しいオープンスタンス(アドレス) - 今井純太郎

オープンスタンス(アドレス)とは目標方向より左側を向いてアドレスをとることをいいます。これにも正しいオープンスタンスとそうでないものがあります。

正しいクローズスタンス(アドレス) - 今井純太郎

クローズスタンスとは目標方向より右側を向いてアドレスをとることをいいます。これにも正しいクローズスタンスとそうでないものがあります。

スライス、フックのフェースの向き - 今井純太郎

スライスボールやフックボールを打つ時クラブフェースはどうなっているべきか?簡単そうで知らない方も多いひとつのポイントです。

スライスボールの打ち方-動画レッスン-

ゴルファーの方達でフック、またはチーピンなどで悩まれている人は多いと思います。 そのような方達はスライスの打ち方というものを練習してもらうと良いでしょう。 まったくスライスとフックは逆ですので、体でわかる、感じるということができると思います。

フックボールの打ち方-動画レッスン-

ゴルフスイングには大きく分けて2種類あります。 フック系とスライス系です。必ず、どちらかになります。 スライス系の方は今回の動画を見てもらい、フックボールの打ち方を練習してもらうことをお勧めします。 スライス系というのは自分の狙っているターゲットに対しボールが最初に飛んでいく方向が左に行く人です。 右へ出てさらにスライスして右へ行く人ではないので注意して下さい。

低いボールの打ち方-動画-

低いボールを打つ場合、当然ですがクラブを変えるのが一番簡単です。同じクラブで低いボールを打つ場合はアドレスでも色々ありますが、フォロー、フィニッシュは必ず低くとるようにして下さい。

高いボールの打ち方-動画-

基本的に高いボールを打つというのは高いボールを投げると同じ動きになります。違いはボールが地面にあって、そのボールをゴルフクラブで打つということぐらいです。

ゴルフ練習する前にやっておきたいこと - 今井純太郎

ゴルフ場では目標に対してスクウェアにアドレスするということが大切です。スクウェアにアドレスしているつもりでもそうでない人は多々います。しかし練習場ではマットがあるためほぼスクウェアにアドレスできます。練習場ではスクウェアにアドレスしてスイング、ゴルフ場ではそうでない、これでは練習の意味がありませんので気をつけましょう!

素振りで大切なことPart3 - 今井純太郎

ティーショットやフェアウェイからのショットでは必要ないですが、ラフからのショットやグリーン周りからのアプローチ時などは素振りによってそのライの確認をすることができます。 雨が降っていたり、ラフが長かったり、逆目だったりする時などに有効です。

素振りで大切なことPart2 - 今井純太郎

どのようなボールを打つかによってアドレス、スイングは変わってきます。 どのようにアドレスするか、どのようにスイングするかをイメージし素振りすることが大切です。

素振りで大切なことPart1 - 今井純太郎

素振りで最も大切なことはこれから打つボールをイメージするということです。 これはドライバーショットでもアイアンショットでもアプローチでもパターでも同じです。 そしてそのイメージは良いイメージでなくてはいけません。 調子が悪かったり、OBがあったり、池があったりしてマイナスイメージを持ってしまうとそれがスイングの力みやボールを打ちにいってしまったりして悪い結果と繋がってしまいます。 最初は難しくても継続して良いイメージを持つようにすることは必ず良い結果へと繋がってきます。

正しい切り返しのイメージ - 今井純太郎

ボールを投げる時の切り返しの動作とゴルフスイングの切り返しの動きは共通しています。 ゴルフスイングも他のスポーツや動きと基本的には同じです。

頭を上下させない対処法 Part10 - 今井純太郎

素振りをイメージしてスイング、フィニッシュまで振り抜く、ボールを打とうと思わない、ということも対処法になります。 素振りは出来るけど本番はなかなかできないという人も沢山みえますが、しっかりと意識を集中して練習して頂ければきっと出来るようになります。 出来ないのは出来るまでの練習がただ足りないだけです。

頭を上下させない対処法 Part9 - 今井純太郎

ダウンスイングからインパクトにかけてトップで出来たシャフトと左腕の角度を変えないように意識することも一つの対処法になります。 この角度が崩れてしまうとトップからインパクトにかけて頭は上がってしまいます。

頭を上下させない対処法 Part8 - 今井純太郎

切り返しも重要なポイントです。 左腰からの切り返しを意識することがオススメです。 トップから腕が先行してしまうと腕を振り下ろす動きが上体が上がる原因となり結果的に頭も上がってしまいます。

頭を上下させない対処法 Part7 - 今井純太郎

バックスイング中にボールを見ようとする意識が強すぎると頭の傾きがアドレス時と逆方向に傾いていってしまいます。 結果的にバックスイングで頭が落ちインパクトで上がることになってしまいます。 スイング中に頭の傾きを意識することも対処法の一つです。

頭を上下させない対処法 Part6 - 今井純太郎

トップポジションでクラブシャフトが目標より右を向いてしまうと頭が下がってしまいます。 右ひじが開き左肩が落ち結果的に頭が下がってしまうという感じです。 トップポジションでクラブシャフトが目標より左を指すという練習も効果的です。

頭を上下させない対処法 Part5 - 今井純太郎

バックスイング時で左腕が地面と平行になった時に左腕が右腕より高い位置にあるということもチェックポイントの一つです。 逆の人はバックスイング時に右ひじが引けている場合が多いですので気をつけてください。

頭を上下させない対処法 Part4 - 今井純太郎

バックスイング始動時にクラブフェースが閉じてしまう(シャットフェース)ことも上下運動の原因の一つです。 始動時にゴルフクラブを真っすぐに引こうとするとそのようになってしまうので気をつけてください。

頭を上下させない対処法 Part3 - 今井純太郎

バックスイングの始動時に左肩が落ちてしまうと当然頭も落ちてしまいます。 その結果スイング中頭が上下運動をしてしまいます。 バックスイングの始動時に左肩が落ちないように意識することもおススメです。

頭を上下させない対処法 Part2 - 今井純太郎

アドレス時に右足が閉じてしまうと左腰より右腰が高くなり、バックスイングでスムーズな腰の出来なくなってしまいます。 結果的にバックスイングで左肩が落ち頭の上下運動となってしまいます。

頭を上下させない対処法 Part1 - 今井純太郎

ゴルフスイング中頭を上下させないためには、クラブの動きと体の回転方向を同じにする事が大切です。 そのためにはアドレスでスイング軸(背骨)がしっかりとボールに向かい傾くことが必要です。

頭の上下運動はなぜよくないのか - 今井純太郎

ゴルフスイングはシンプルな回転運動であることが理想です。 しかし、頭が上下してしまうと回転運動と上下運動を同時にしなくてはいけなくなります。 ゴルフスイングは一瞬です。 その間に回転運動と上下運動をすることはゴルフをより難しくすることになってしまいます。

ディボットライの打ち方 - 今井純太郎

このようなライの打ち方はほとんどフェアウェイバンカーと同じです。 大事なことはボールをクリーンに打てるようアドレスすることです。

良いゴルフコーチの見分け方 - 今井純太郎

病気をしたときに良いお医者さんに診てもらうことが良いように、 ゴルフが上達したいなら良いゴルフコーチに教えてもらうことが良いと思います。 ゴルフコーチという方はとても多くいます。 皆さんのゴルフがもっと楽しくなり上達するために良いコーチに出会ってください。

即打ちのススメ - 今井純太郎

構えたら(アドレスに入ったら)すぐにスイングを始動する、ということはとてもおススメです! これが出来るだけで確実にショットの成功率は上がると思います。 アドレスの状態で時間をとってしまうと体が固くなってしまったり不安な気持ちが襲ってきたりと良くないことが多いです。

腕を振ったら腰は使えない ー 今井純太郎

どのスポーツでも聞く言葉で「もっと腰を使って」というのがあります。 ゴルフも基本的には腰を使ってスイングをします。 しかし腰を使えるようにするにはどうしたら良いか?ということを知らなければ使おうと思っても使えません。 私はそこが重要だと思います。

メンタル ショット編Part1 - 今井純太郎

アドレスに入ってからあれこれ考えていてはミスショットの確率が上がるだけです。 色々考えるのではなく自分は完璧だと思うようにしましょう。 最初は思えなくても思うように心がければ徐々に思えるようになりスムーズなスイングができます。 そして当然ながらナイスショットの確率は上がります!

正しいオープンスタンス(アドレス) - 今井純太郎

オープンスタンス(アドレス)とは目標方向より左側を向いてアドレスをとることをいいます。これにも正しいオープンスタンスとそうでないものがあります。

正しいクローズスタンス(アドレス) - 今井純太郎

クローズスタンスとは目標方向より右側を向いてアドレスをとることをいいます。これにも正しいクローズスタンスとそうでないものがあります。

スライス、フックのフェースの向き - 今井純太郎

スライスボールやフックボールを打つ時クラブフェースはどうなっているべきか?簡単そうで知らない方も多いひとつのポイントです。

スライス系、フック系の確認方法 - 今井純太郎

スイング改善そして上達したいならば、自分がスライス系かフック系かをしっかりと理解しておくことが必要です。これを知らないとまったく必要のないことや逆のことを練習することになってしまいます。

シャンクの対処法Part3-動画レッスン-

シャンクを防止するためにはボールから遠くアドレスしたくなりますが、それはかえって逆効果です。ボールから近くアドレスをしてトップからクラブを引きつけるような動きを身につけないといつまでもシャンクは治りません。

シャンクの対処法Part2-動画レッスン-

ボールを打とうとしてトップの位置から左腰がボールの方へ向ってしまったり、過度の体重移動を意識してトップの位置から左腰が左へスライドしてしまったりするとシャンクの原因となります。

シャンクの対処法Part1-動画レッスン-

トップポジションからボールを打つ意識が強すぎると腕がボールの方に動き左腕が体から離れクラブが寝てしまいます。そうならないようにトップポジションから左腕を胸に引きつけるようにするとシャンク対処方法の一つになります。

シャンクが出るわけ-動画レッスン-

シャンクは突然ボールが極端に右方向へ飛んで行ってしまうミスショットです。なぜそのようになってしまうかは通常のスイングよりクラブがインパクトで前方に出てしまいボールがフェースではなくネックに当たってしまうからです。当然、力み、腕を振る、ボールを打ちにいくというような良くないことをいつものスイングよりしてしまった結果です。

レッスンの順番-動画レッスン-

レッスンを行う時に順番というのは大切です。どんな物事にも順番があるようにゴルフレッスンにも順番があります。順番がわかると今何をしたら良いかということがわかってきます。

下半身を安定させる練習法Part2-動画レッスン-

ダウンスイングで右ひざが大きく流れてしまうと下半身は安定しません。スイングしているので当然ダウンスイングからフィニッシュにかけて右ひざは動きますが、多くのゴルファーはこれが動きすぎになってしまっています。こうなると斜面でのショットの成功率が極端に悪くなります。これを改善するための練習方法がガニ股練習法です。

下半身を安定させる練習法Part1-動画レッスン-

下半身を安定させると当然ショットも安定します。Part1ではしっかり回転しながらベタ足でスイングするという練習法です。

左足の壁を作るための練習法-動画レッスン-

左足の壁がないと切り返しからダウンスイング、インパクトにかけて左腰がスウェーしてしまいます。その結果、スイングがスイング軸を軸とした回転運動ではなく、腰のスウェーによる上下運動になってしまいますので様々なミスショットに繋がってしまいます。

フックの修正法アウトサイドイン編-動画レッスン-

アウトサイドインのスイング軌道でフックが出てしまう人はボールが目標方向の左に飛びだしそこからさらに左へフックしてしまうのでとても大きなミスになってしまいます。早期のスイング修正が必要です。

フックの修正法インサイドアウト編-動画レッスン-

インサイドアウトの軌道でフックしてしまう人はボールが目標方向より右に出てフックして左に戻ってくるというものです。このような人はバックスイングで右腰がスウェーしてしまったり左肩が落ちてしまったり、または右半身が固い人が多いです。

2種類のフック-動画レッスン-

フックの種類は2種類あります。その2種類あるフックで自分がどちらの種類のフックかを知らなければそれを修正できません。

スライスの修正法インサイドアウト編-動画レッスン-

インサイドアウトの軌道でスライスしてしまう人はボールが目標方向より右に出てスライスしてさらに右へ行ってしまうので、アウトサイドイン軌道のスライスの人より大きなミスになってしまいます。しっかりと修正しないとスコアメイクはかなり難しくなります。

スライスの修正法アウトサイドイン編-動画レッスン-

アウトサイドインのスイング軌道でスライスをしてしまう人はその原因から修正する必要があります。ただ単に逆のインサイドアウトにスイングしようとしてもダメです。

2種類のスライス-動画レッスン-

スライスというのは2種類あります。一般に多いのはアウトサイドイン軌道のスライス。もうひとつはインサイドアウト軌道のプッシュスライスです。まずは自分がどちらのスライスかを知ることが必要です。

ボールは見るけど見ない-動画レッスン-

ボールに意識がいき過ぎるとクラブが加速しなくなり飛距離をロスしてしまったり、フィニッシュまで振り切れなくなったり、手打ちになってしまったりと良くないことが色々とあるので気をつけましょう。

スウェーの対処法Part1-動画レッスン-

スウェーは体重移動をしよう、とする行為でなってしまうことがあります。もちろんスイング中に体重移動はするものですが、それは意識的に行う動きではなく、スイング軸の傾きと腰を引く動きから結果的に体重移動してしまうというものです。

良い練習の始め方-動画レッスン-

良い練習の始め方はまずはアプローチショットから始めることです。そして意識することは小さなバックスイングで大きなフォロースイングをすることとクラブが加速しているということです。

オーバースイングがなぜダメなのか?-動画レッスン-

体の回転運動だけで切り返しもしっかりできればオーバースイングにはなりません。オーバースイング=バックスイングで手を上げている=手打ち、という式になります。

ジュニアのゴルフ上達法-動画レッスン-

ジュニアの子達のゴルフ上達を望むならば、彼らにゴルフに興味を持ってもらい、彼らがゴルフを好きになるということが最も大切です。

確実に上達する方法-動画レッスン-

確実に上達する方法はとても簡単でシンプルです。信頼おけるその道のプロの方に何をしたら上達するかを教えてもらいただそれをやり続けるだけです。迷ったらまた聞き納得できたらまたやる。それの繰り返しです。しっかりとしたプロのガイドがいつも一緒にいてくれたら、よっぽどの天変地異でも起きない限り遭難はしません。

手打ちが良くない理由-動画レッスン-

手打ちというのは完全にダメです。手打ちは飛距離も出ないですし、方向性も悪くなります。ショットの安定性は???という感じです。手を全く使ってないという人はプロでも少ないですが、手を使う割合が少ないほどゴルフが上手であるということは言えます。

逆スイングの重要性-動画レッスン-

同じ方向にばかりスイングしてしまうと知らないうちに体がズレてきます。そのズレが正しくアドレスしているつもりでもそうできなくなります。結果的にスイングもおかしくなってしまいます。また体がズレてくると体を痛めることになってしまいますので気をつけてください。

フライングエルボーの防止方法-動画レッスン-

フライングエルボーを防止するためにはいくつかのポイントをクリアしなくてはいけません。ポイントをクリアしないで腕だけで防止しても意味がありません。

目標に対してスクウェアに構えるには-動画-

目標に対してスクウェアにアドレスできなければ、どれだけ練習場で練習しても意味がなくなってしまいます。

堀浩恭プロスイング2011年6月

目指しているスイングはしっかりとアドレスをした後はバックスイングで右腰を引き切り返しからフィニッシュにかけては左腰を引くだけです。

堀浩恭プロの練習ラウンド in ハワイ 2011

スイングも練習場とコースでは違いが出てきます。この違いをできるだけなくすことが大切です。

堀浩恭プロスイング2011年1月

ゴルフに限らずどんなことでも基本は大切です。初めは誰でも固くなってしまったり、思いどうりに行かなかったりします。しかしやり続ければ必ずできるようになります。

堀浩恭プロ2010年1月1日ゴルフスイング

目標を高く持つことが良いレッスンを受けれる状態になり確実に早く目標へ近づけます。

真冬のコーチング風景2009冬

宗次ぐプロと堀プロがレッスンを受けにくるようになって最初の冬です。 この時はトップからフォローにかけて振る動きから引きつけて跳ね返るという動きの練習をしていました。

噴水越えショット-動画-

緊張したりする場面ではどうしても心拍数が上がってしまいます。また慌てたりする場面でも同様です。しかしそのような場面を避けて通るわけにはいきません。ではどうしたらいいか?練習です。どんな練習が良いか?それは打席でその場で駆け足のようなことをして心拍数を上げて即打つというようなことです。

60ヤードアプローチ-動画-

基本は回転運動!アドレスで下半身、スタンスをオープンにするということは当然上体は捻転がいつもよりできなくなります。ということはいつもより距離がでなくなります。腕で振ってしまうと距離感はつかめません。

グリーン周りのアプローチ動画

有名なプロゴルファーが以前言っていました。「ゴルフはゴロフ」私もその言葉に賛成です!

ゴルフスイング集2010

どのクラブでもゴルフスイングは基本的に同じです。違ってくるのはアドレスでのボールポジション、ボールと体との距離、前傾角度、左右の体重配分、軸の傾き、スタンス幅、といったような感じです。

ドライバーショット動画

ドライバーは一番距離の出るクラブですのでどうしても力が入ってしまいます。ドライバーこそグリップをいつもよりゆるく、ゆったりとしたリズムで、フィニッシュをしっかり決めるように心がけてください。

ロブショット動画

ロブショットはフェースをおもいっきり開き、スタンス幅も広くとり、ゆったり、大きくスイングすることが大事です。

パター動画

パットは肩の上下運動で打ちます。大事なのはフォローでしっかりとその肩が動けているかです。

バンカーショット

バンカーショットも基本的にはアプローチと同じです。しかしバンカーショットでは砂と一緒にボールを飛ばしますからスイングが大きくなります。 アドレスではスタンス幅が広くなり、ボールポジションが左になり、フェースがオープンになります。

プリショットルーティン

一流と言われるプレイヤーは自分のプリショットルーティンというものを持っています。これは精神、気持ちを落ち着かせ、ショットを安定させる効果があります。思い当たることはありませんか?不安な時に素振りをたくさんしたり、やたらと目標を確認したりなど・・そして力が入ってしまいミスショットみたいな時を。

スイング集

ゴルフスイングに個性はありませんが、良いゴルフスイングを作っていくためにはそれぞれ人の個性を尊重します。そこで大事になってくるのがやはりまず「基本」です!

60°ウェッジショット

バックスイングもダウンスイングも腰から動き始めます。腰から動き始めなければ一般的によく言われる手打ちとなります。

9番アイアンショット

回転運動が出来ていればスウェーはしません。回転運動と直線運動を同時にしてしまうとスウェーします。

5番アイアンショット 後方

回転運動が出来ていればスウェーはしません。回転運動と直線運動を同時にしてしまうとスウェーします。

クリークショット

どのクラブでも打ち込むという意識を持ってはいけません。

ドライバーショット

スイングやリズムはどのクラブでも同じです。

真冬のコーチング風景2009冬

宗次ぐプロと堀プロがレッスンを受けにくるようになって最初の冬です。 この時はトップからフォローにかけて振る動きから引きつけて跳ね返るという動きの練習をしていました。

グリーン上でのマナー Part3 - 今井純太郎

グリーン上は芝生も短く刈り込んであり、フェアウェイやラフと比べるととても痛みやすいところです。 グリーン上では飛び跳ねたり、足を引きずったりなどしないようにすることは大切なマナーです。

バンカーならしのマナー - 今井純太郎

バンカーショットのあとは自分自身でバンカーをきれいにならすことが基本でとても大事なことです。 セルフプレーが多くなってきた最近では皆さんがしっかりとマナーを守ることが楽しいゴルフへと繋がってきます。

グリーン上でのマナー ー 今井純太郎

今はセルフプレーがとても多くなってきています。キャディーさんが付いてくれていればやってくれることも自分でやらなくてはいけません。今回はそんなグリーン上でのマナーを紹介します。

ゴルフ場での一番大事なマナー ー 今井純太郎

ゴルフ場ではスロープレーというのが一緒にプレーする人たちにもその他のプレーヤーの方にもゴルフ場にもご迷惑がかかってしまいます。ここはしっかりと気にしないと楽しいゴルフができなくなってしまいます。

ショットを準備しておく(マナー) - 今井純太郎

自分のショットの番がくる前にあらかじめ次のショットの準備をしておくと気持ち的にも良いですし、プレーもスムーズにいきます。またプレーがスムーズにいくということは結果的に一緒にプレーしているプレーヤーにも良いこととなります。

バンカーでの簡単なマナーとルール-動画レッスン-

アマチュアゴルファーの方は通常のアプローチよりバンカーからのアプローチの方が難しいという方が多いように感じます。バンカーはハザードですのでアドレスでクラブを砂につけてはいけないとか、ショットの後バンカーをもとのようにならさなくてはいけないということがあります。簡単なルールとマナーを身につけるとゴルフがより楽しくなると思います。

グリーン上でのマナー -動画レッスン-

どのようなスポーツでもある程度のマナーやルールを知ることは大切です。ゴルフでも同じです。マナーやルールを知ることでゴルフもより楽しくなります。

カートパス上のボールドロップ-動画-

カートパスに限らずゴルフ場ではドロップできる時があります。その時には必ず現在ボールのあるところから最も近い地点、またピンに近くならない地点、この2つの条件をクリアする地点=ニアレストポイントをまず見つけることが大事です。

ゴルフ場の予約の仕方

ゴルフ場の予約は昔はゴルフ場のメンバーさんを通しての予約という感じでしたが、今ではインターネットでの直接予約やゴルフ場のメンバーでなくてもゴルフ場に直接電話の予約ができます。ゴルフ場によっては直接の予約ができないところもまだありますので、事前にインターネットや雑誌等で調べられることをお勧めします。

ゴルフのプレー人数

ゴルフのプレー人数は基本的に1組3人か4人ですが、現在ではお手軽に1人か2人で他の人たちと一緒にプレーすることもあります。 またゴルフ場によっては2人でプレーできることもありますが、2人プレーでは割り増し料金を払わなくてはいけないこともあります。 これもゴルフ場によりますが、早朝プレー薄暮プレーなどでは1人でのプレーができることもあります。

ゴルフ練習する前にやっておきたいこと - 今井純太郎

ゴルフ場では目標に対してスクウェアにアドレスするということが大切です。スクウェアにアドレスしているつもりでもそうでない人は多々います。しかし練習場ではマットがあるためほぼスクウェアにアドレスできます。練習場ではスクウェアにアドレスしてスイング、ゴルフ場ではそうでない、これでは練習の意味がありませんので気をつけましょう!

今井純英 アトリエ

私の父親は商売人でもありますが、それよりまえに画家です。 そんな父親の一面をご紹介させてもらいます。 ちょっぴりコメディアンが入っている父親が自分のアトリエの画を紹介します。 結構面白いですよ。(^^)

今井純英 風景画

画家今井純英が生まれ育った岐阜県中津川市の田舎風景を白黒短時間で画きます。息子の自分が言うのもなんですがすごいです!

今井純英 ケシの花 後編

ケシの花、途中~完成まで。

今井純英 ケシの花 前編

真っ白の状態からケシの花を描きます。

楽しいプライベートゴルフ

ゴルフ場に行ったら一番大切なことはゴルフを楽しむことだと思います。 もちろん上達するために何か一つぐらい今日の目標みたいなものを持つこともお勧めします。例えば、今日はパットを絶対ショートしない、今日はフィニッシュを毎回決める、今日はグリップに力を入れない、などなど・・・ 気をつけることが何個もあると大変ですので注意して下さいね。

飛距離アップのドリル Part8 - 今井純太郎

1、2のリズムで反復運動のスイングはとても飛距離アップに効果的です。 リラックスした状態でないと出来ないですし、スイングがシンプルな動きじゃないと出来ません。 このドリルは飛距離アップにとてもオススメです!

飛距離アップのドリル Part7 - 今井純太郎

インパクトでの前傾のキープは回転スピードのアップに繋がりその結果飛距離もアップします。多くのゴルファーの方はインパクトで前傾がアドレス時よりも立ってしまうので気をつけてください。

飛距離アップのドリル Part6 - 今井純太郎

キーワードは「コンパクトから一気にフィニッシュ」。 このドリルをしてもらえば体を捻転している感覚とフォローでクラブが走るという感覚を感じれるようになります。

飛距離アップのドリル Part5 - 今井純太郎

コンパクトなバックスイング、トップオブスイングの方が飛距離アップにつながります。飛ばしたい気持ちが大きなバックスイングになり結果的にヘッドスピードがでないスイングになってしまっている人を多く見かけます。気をつけてください。

飛距離アップのドリル Part4 - 今井純太郎

ボールを打とうという意識があるあまりにスイングがトップからインパクトで終わってしまう人をよく見かけます。しかしそれではクラブは加速しないし、下半身リードのスイングではなく手打ちや上体打ちになってしまい結果的に飛距離ダウンになってしまいます。Part4ではトップから一気にフィニッシュというスイングを意識して飛距離アップにつなげたいと思います。

飛距離アップのドリル Part3 - 今井純太郎

ヘッドスピードを上げるためには腰の回転スピードを上げることが重要です。腰の回転スピードを上げるためにはそのことに集中して練習する必要があります。もちろん飛ばしの要素は他にもありますが今回は腰の回転スピードのみに集中してください。

飛距離アップのドリル Part2 - 今井純太郎

ゆるゆるグリップの徹底です。その他は何も考えてはいけません。ボールを打とうとしてもダメです。もちろんボールの行方も気にしてはダメです。ただ集中してゆるゆるのグリップを保ったままアドレスからフィニッシュまでスイングを行うことを心がけましょう!

飛距離アップのドリル Part1 - 今井純太郎

飛距離アップを邪魔するのは右手の親指と人差し指です。 グリップの右親指と人差し指のあたっているところが削れてしまっている人は要注意です。

飛距離アップの基本Part10-動画レッスン-

飛距離をアップするためには色々とありますがヘッドスピードを増すこととクラブがインパクトで加速しているということがとても重要です。それを一番妨げていることはボールを打とうという動きやイメージです。インパクトというものは通過点であり目的地ではありません。

飛距離アップの基本Part9-動画レッスン-

正しい切り返しができないと大きなパワーがボールに伝わりません。基本的に正しい切り返しというのはバックスイングで上体、肩、クラブがバックスイング方向に動いている最中に左腰がダウンスイング方向に動き始めるということです。

飛距離アップの基本Part8-動画レッスン-

ボールポジションが違っているとそれだけで飛距離を失ってしまいます。ボールポジションを正しくすることはそれほど難しいことではないので是非やってみてください。

飛距離アップの基本Part7-動画レッスン-

コックというのは誰でもしてしまいます、できない人はいません。正しいコックができるかは別です。重要なのはコックをいつするかというのが問題です。

飛距離アップの基本Part6-動画レッスン-

スイングでの動く順番は大きく分けて腰→上体→肩+顔→腕→クラブです。そして意識的に動かすのは腰のみであとは動かされるものです。腰のみを動かしてスイングできるようになったら次は腰を直線的に腰を引く力のみでスイングできるようになりましょう。

飛距離アップの基本Part5-動画レッスン-

スイング中に体が上下にや左右に動いてしまうと速い回転運動が行えません。その結果ヘッドスピードも速くならず飛距離も出ません。何事もシンプルが一番です。スイングを回転運動だけで行う方が回転運動プラス上下運動、または左右の動きを同時におこなうより簡単ですし、スピードが出ることは容易にわかると思います。

飛距離アップの基本Part4-動画レッスン-

スイング軸の回転方向とクラブの回転方向は同じでなくてはいけません。そうするためにはスイング軸「背骨(後頭部から腰までのライン)」とクラブのシャフトがアドレス時に直角状態になっていなくてはいけません。まずその状態ができるようにしましょう。

飛距離アップの基本Part3-動画レッスン-

飛距離アップには正しい体重移動が不可欠です。これは全てのスポーツ、動きに共通します。体重移動も大きく分けて5つのステップに分けられます。1ステップづつクリアしていくと理想的な体重移動ができるようになり飛距離がアップするでしょう。

飛距離アップの基本Part2-動画レッスン-

スイング軸は背骨です。イメージでは後頭部から腰までです。そのラインが直立の状態と同じでシンプルに一直線になることが大事です。ボールを必要以上に見ようとすると頭が垂れてしまいますからボールは下目で見るようにしましょう。コツはアドレスをした後に背中を張りアゴを少し上げるようにするとより早くできるようになります。

飛距離アップの基本Part1-動画レッスン-

グリップをやわらかく。まずはここからです。その次はそのやわらかさをフィニッシュまでキープすることが飛距離アップの第一歩です。

今井邸03 設計事務所ディ・アーク

こちらは今井邸の内部の様子を撮影した動画です。「アメリカンな家」を建てたいという施主の希望は内部にも色濃く現れています。家を建てる場合、恐らく多くの方が多くの妥協とともにその竣工を迎えるかと思います。もちろん妥協するところ、すべきところは実際のところとてもたくさんあるのですが、妥協への対処、心構えによっては、家が建つこと自体が妥協の産物に思えてくることになるでしょう。そうならないためには、希望が妥協を凌駕する仕組みを考える必要があります。 設計:設計事務所ディ・アーク ウェブサイト : http://jiga-d.com/di-arc/

今井邸02 設計事務所ディ・アーク

こちらは今井邸の夜の外観を撮影した動画です。「施主はこの家に住むことを、とても積極的に楽しんでいるんだなぁ」と、この撮影のときに感じました。そのことはぼくにとってとてもうれしいことで、そういう雰囲気を味わえるだけでも、自分の仕事、設計の仕事にとてもやりがいを感じます。 設計:設計事務所ディ・アーク ウェブサイト : http://jiga-d.com/di-arc/

今井邸01 設計事務所事務所ディ・アーク

こちらの住宅では、基本計画に3年を費やすこととなりました。主な施主の希望はとしては「アメリカンな家」を建てたいというものでした。その思いを実現させるために、僕の­主な作業はその「アメリカン」なるものを建築言語に翻訳し建築空間(ストーリー)を造るというものでした。そして「家」に関しても同様に翻訳していきました。最終的には恐­らく100案近い計画案を提示させていただいたと記憶しています。 設計:設計事務所ディ・アーク ウェブサイト : http://jiga-d.com/di-arc/

飛距離と方向性は比例して良くなる - 今井純太郎

体に無理のないシンプルな動きをすることができれば、体の回転スピードは早くなり飛距離はアップします。また、シンプルな動きは無駄な動きや余分な動きがなくなるので回転運動がスムーズになり方向性も良くなります。

レッスンで大切にしていること Part2 - 今井純太郎

ゴルフレッスンをさせてもらう上で大切にしていることのもう一つは、ゴルフのアドレスやスイングなどがそれを行う人間の体の構造に合っていること、また、無理がないことということです。 無理なアドレスやスイングなどは怪我や体の痛みといったことになってしまいます。 そうなってしまっては何のためにゴルフをしているか分からなくなってしまいます。

レッスンで大切にしていること Part1 - 今井純太郎

ゴルフレッスンをさせてもらう上で大切にしていることがあります。 まず一つはゴルフのアドレスやスイングなどの動きがゴルフ特有のものではなく他の様々なスポーツや動きとつながりを持ち共通しているということです。 ゴルフだからというのではなく他のスポーツや動きもこうなるからゴルフの動きもこうなるのということを大切にしています。

>>Lesson MOVIEs